ポイントオブケア (PoC)タイプの分子診断の市場規模、2026年に41億米ドル到達予測

ポイントオブケア (PoC)型分子診断の市場規模は、2021年の28億米ドルからCAGR8.2%で成長し、2026年には41億米ドルに達すると予測されています。市場成長の要因としては、感染症やがんの有病率の増加、診断の分散化への注目度の高まり、研究開発費の増加、感染症の早期発見に対する意識の高まり、POC診断検査の利用拡大などが挙げられます。

COVID-19がポイントオブケアの分子診断薬市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、多くの企業の売上にマイナスの影響を与えましたが、COVID-19の検査に分子診断法が使用されたため、ポイントオブケアの分子診断薬市場にはプラスの影響を与えました。このパンデミックによるロックダウンの影響で、人々の健康診断の受診が遅れ、検査件数や試薬の売上に影響を与えました。しかし、各国の移動制限が徐々に緩和され、検査件数が回復しています。COVID-19パンデミックにより、感染症への対応は喫緊の医療課題となっています。ワクチンや治療薬の開発に加えて、より精密で簡便な検査技術の開発や検査体制の拡充が求められています。COVID-19は、政府や医療機関が前例のない課題に直面していることから、規制環境や慣行にも影響を与えています。規制当局は、診断製品の承認を迅速に行うための方法を活用しました。企業は、COVID-19迅速検査を導入し、収益を維持し、COVID-19が企業の運営能力に与える影響を無効化するために、戦略的な開発を行っています。

牽引要因:感染症や癌の罹患率の増加

先進国や発展途上国における感染症や癌の増加は、ポイントオブケア型分子診断薬市場の成長にプラスの影響を与えています。このような疾患の診断と管理は、分子診断検査の処方数の増加の要因となっています。これに加えて、予防医学の傾向が強まっていることから、今後、ポイントオブケア型分子診断薬の需要が増加すると予想されます。

市場機会:新興国での成長

インド、韓国、ブラジル、メキシコなどの新興国は、ポイントオブケア型分子診断薬市場で活動するプレーヤーに大きな成長機会を提供します。これは、規制の壁の低さ、医療インフラの整備、患者数の増加、感染症の流行、医療費の増加などが要因となっています。さらに、これらの国では、先進国に比べて規制政策の適応性が高く、ビジネスの市場として適しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]