ビッグデータの市場規模、2026年に2,734億米ドル到達予測

ビッグデータの市場規模は、2021年の1,626億米ドルからCAGR11.0%で成長し、2026年には2,734億米ドルに達すると予測されています。ビッグデータ業界は、データ量の急激な増加によって牽引されており、クラウドコンピューティングによるデータ接続性の向上や、デジタルトランスフォーメーションをトップレベルの戦略に取り入れることが重要になります。

COVID-19のビッグデータ市場への影響

COVID-19は、世界経済における生産や需要への直接的影響、サプライチェーンや市場の混乱、そして企業や金融市場での財務的影響を引き起こしました。COVID-19の経済への影響を把握するために、ビッグデータの導入が進んでいます。

牽引要因:データ量の急激な増加

ソーシャルメディア、IoT(Internet of Things)、マルチメディアなどの台頭により、組織が取得するデータ量は継続的に増加しており、構造化または非構造化形式のデータが圧倒的に多くなっています。例えば、世界のデータの約90%は、過去2年間に作られたものです。マシンデータや人間が作ったデータは、従来のビジネスデータの10倍の速さで成長しています。例えば、マシンデータは、指数関数的に50倍の速さで成長しています。ビッグデータは主に消費者主導であり、消費者志向です。世界のデータのほとんどは、常時接続されている消費者によって生成されており、多くの人は1日に4〜6時間、さまざまなデバイスやアプリケーションを使ってデータを消費・生成しています。クリックやスワイプ、メッセージを送るたびに、世界のどこかにあるデータベースに新しいデータが作られます。今や誰もがポケットにスマートフォンを持っているため、データの作成は想像を超える量に達しています。

ビジネスデータの増加、急速な技術革新、スマートデバイスの平均販売価格の低下などにより、大量の構造化データおよび非構造化データが生成されています。組織が収集する全データの80%以上は、標準的なリレーショナルデータベースには入っていません。その代わりに、非構造化文書、ソーシャルメディアへの投稿、マシンログ、画像などに閉じ込められています。多くの企業は、この非構造化データの洪水を管理するという課題に直面しています。ビッグデータソリューションは、特にクラウドコンピューティング時代において、あらゆる規模の組織のデータ管理に重要な役割を果たします。ビッグデータやデータ分析の多様なソースを集約・管理し、最大の価値を引き出すためのフレームワークが必須となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]