HVACフィルターの市場規模、2026年に45億米ドル到達予測

HVACフィルターの市場規模は、2021年の35億米ドルからCAGR5.0%で成長し、2026年には45億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長の要因には、HVACシステムの需要の増加、室内空気の質に対する意識の高まり、効率的なろ過のための政府の規制や政策が挙げられます。さらに、建設部門への投資の増加とHVACフィルターの技術的進歩は、メーカーに大きな成長機会を提供すると予想されます。

COVID-19によるHVACフィルター市場への影響

COVID-19パンデミックは、消費者、企業、地域社会に広範な懸念と経済的困難をもたらしています。製造業者はこの危機による突然の課題に直面しており、HVACシステムの製造業者も例外ではありません。

COVID-19の主な感染経路は人から人への感染です。この感染拡大を抑えるためには、社会的な距離を置くことが重要なステップとなります。しかし、対策を実施していても、呼吸器系の飛沫が建物のHVACシステムを介して伝わり、他の人に感染する可能性があります。

ACHR(Air Conditioning, Heating and Refrigeration)誌が実施したCOVID-19の影響に関する調査では、回答者の50%以上が “ビジネスが減速している “または “ビジネスが大幅に落ち込んでいる “のいずれかを選択しました。

この流行により、家庭における空気の質が問われるようになり、エアフィルターやUV空気清浄機への関心が高まっています。インド南部では、夏に向けて気温の上昇が続いており、顧客がAC修理を依頼するため、住宅用HVAC事業者の仕事量の増加にもつながっています。

一部の商業用HVAC事業者では、医療施設や食料品店など必要不可欠な建物からのサービスコールが増加しています。安定した企業の中には、建物が使用されていない間、商業用HVACチームに連絡を取り、HVACユニットのサービスを受けることで、ダウンタイムを利用しています。

牽引要因:HVACシステムの需要増加

米国気象学会のState of the Climateによると、2018年は地球温暖化の影響で最も暖かい年として記録され、欧州や地中海、中東、ニュージーランド、アジアの一部、海を囲む地域で気候の変化が見られました。また、同協会では、2020年までに世界の気温が平均気温よりも32.90F高くなると予測しています。気候条件の変化により、夏には冷房システムの需要が増加し、同時に冬には天然ガス、暖房用オイル、薪、電気暖房システムの需要が増加しています。また、世界中の住宅、商業施設、工業施設では、快適性と室内空気質の満足度を得るために、何らかの形で暖房および冷房など、気候を制御する技術が使用されています。世界的な気温の上昇や気候条件の変化に伴い、HVACシステムの需要が増加しており、HVACフィルター市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]