構造ヘルスモニタリングの市場規模、2027年に40億米ドル到達予測

構造ヘルスモニタリングの市場規模は、2022年の20億米ドルからCAGR14.6%で成長し、2027年には40億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因は、重要インフラの自動保守・修理の重要性の高まり、構造物の故障による人命や資本の連鎖的損失、インフラ分野への多額の投資、持続可能な構造物の構築に向けた政府の厳しい規制、インフラの老朽化と構造ヘルスモニタリングが提供するメリット、構造ヘルスモニタリングシステムのコスト削減などが挙げられます。

COVID-19の構造ヘルスモニタリング市場への影響

構造ヘルスモニタリング市場は、各国の土木インフラ、航空宇宙・防衛、エネルギー分野における大規模な建設・保守・修理活動が停止したため、2020年の最初の2~3四半期は低迷していました。市場の関連企業は、サプライチェーンの混乱により、モニタリング機器やサービスの需要が減少していることを確認しました。しかし、パンデミックによる失業率を減らすため、各国政府がインフラ整備を再開していることから、市場は2021年から緩やかな回復を見せています。さらに、渡航規制により航空会社の運航が停止しているため、航空分野の保守・修理・オーバーホール活動が活発化する可能性があります。

最も現実的なシナリオでは、構造ヘルスモニタリング市場は、世界的なインフラ投資の増加とそれに伴う建設プロジェクトの増加により、2021年には8%~10%の成長が見込まれ、2022年以降も堅調な成長が期待できます。

牽引要因:重要インフラの自動保守・修理の重要性の高まり

近年、インフラの修理やメンテナンスに関連するプロセスの自動化が進められています。パンデミックにより、建設現場では限られた労働力で社会的距離を保つ必要があり、生産性の低下を招いています。このため、自動化の進展に加え、主要プロセスの標準化やリモートワークソリューションが開発されました。COVID-19によって労働力が不足し、その結果、修理やメンテナンスが遅れるようになりました。パンデミックの影響は、限られた能力の中で業務を遂行しなければならないという制約や、社会的な距離感の問題から、建設業界にも大きな影響を与えています。さらに、物理的な検査や継続的なメンテナンスに関連するコストの増加により、自動化ソリューションの需要が急増すると考えられます。修理・メンテナンスプロセスの自動化・標準化により、様々な資産やその構成要素をデジタル管理することで、運用・保守(O&M)コストをより効率的に計画することができ、オーバーランコストを回避することができます。インフラの保守・修理の自動化が徐々に進むことで、リモートワークのトレンドが促進され、建設業界に変革をもたらすことが期待されます。熟練者は、設置されたシステムから収集したデータを利用して、遠隔地で構造物を監視できるようになります。さらに、スマートセンサーを使用することで、不確実性の高い時代においても、ソリューションの適応性と回復力を高めることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]