徐放性肥料の市場規模、2026年に33億米ドル到達予測

徐放性肥料の市場規模は、2021年の24億米ドルからCAGR6.4%で成長し、2026年には33億米ドルに達すると予測されています。世界人口の増加、発展途上国での適用率の上昇、高付加価値作物の需要増加などが、今後の徐放性肥料市場の成長を促進する主な要因となると考えられます。

COVID-19が徐放性肥料市場に与える影響

土壌の種類、肥沃度、利用可能な栄養素の比率、作物の種類、気象状況などが、作物への施肥に影響を与えます。COVID-19パンデミックが土壌の肥沃度に与える影響は、農家が肥料の散布時期を遅らせるなど、人間の活動によるものです。COVID-19状況下では、センサーや衛星などの革新的な技術を採用して、農業投入物や肥料の使用効率を高める必要があります。COVID-19パンデミックの際に、農業の側面として考えなければならないのは、ミネラル肥料の漏れが土壌や生産能力に与える影響です。作物の必須栄養素である窒素(N)とリン(P)をマイナス面から検討しなければなりません。作物の収穫によって減った栄養素を補充するために肥料を施すことを、持続可能な栄養管理といいます。

植物が成長と生産性のために多量に必要とする主な必須栄養素は、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)です。中国は、P肥料の最大の輸出国(5.32 Mt)、N肥料の第2の輸出国(5.56 Mt)です。土壌中の栄養素が作物や植物に取り込まれるかどうかで、作物の成熟度や生産性が決まります。植物は大地から養分を吸収するため、連続した作付けと収穫は土壌の養分の減少につながります。しかし、適切な時期に適切な量の肥料を与えることで、土壌の肥沃度が向上し、作物の収穫量が増えます。アフリカのほとんどの国では、中国など先進国から肥料を輸入しています。COVID-19の物流の制約による肥料の不足が、アフリカの収量を減少させています。

西・中央アフリカでは、港・空港ともに稼働しており、輸出入のための移動には支障がありません。一方で、多くの港で、荷積みや荷降ろしの遅れが報告されています。遅延の原因としては、船員に対する予防措置や頻繁なスクリーニングチェックが挙げられます。この地域では国内旅行が制限されており、ロックダウンも行われているため、食品や製品の流通に支障が出ています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]