教育におけるデジタル化の市場規模、2026年に467億米ドル到達予測

教育におけるデジタル化の市場規模は、2021年の115億米ドルからCAGR32.3%で成長し、2026年には467億米ドルに達すると予測されています。インターネットの普及率の向上、オンライン学習を利用したインフラコストの削減と拡張性の向上、効率性、利便性、柔軟性の向上、マイクロラーニングの需要の高まりなどが、同市場の成長を促進しています。

COVID-19がデジタル教育市場に与える影響

COVID-19の発生により、世界各国で厳しいロックダウン、シャットダウン、移動制限が行われています。ベンダーは、2020年にデジタル教育ソリューションに対する高い需要を経験しました。パンデミックの影響で、世界中の学校が閉鎖されており、186カ国12億人以上の子供たちが学校閉鎖の影響を受けています。このように多くの地域で子供たちが教室から離れていく状況の中で、パンデミック終息後のオンライン学習の継続と、そのデジタル教育市場における影響などに注目が集まっています。COVID-19以前にも、デジタル教育技術はすでに高い成長率と採用率を示しており、2019年の世界のEdtech投資額は186億6,000万米ドルに達しました。さらに、言語アプリ、仮想家庭教師、ビデオ会議ツール、オンライン学習ソフトウェアの利用者は、COVID-19以降急増しています。

牽引要因:効率性、利便性および柔軟性の向上

オンライン学習は、教師やインストラクターが学習者にレッスンを提供するための効率的な方法を提供します。また、ビデオ、PDF、ポッドキャストなどの様々なツールがあり、講師はこれらのツールをレッスンプランの一部として利用することができます。従来の教科書だけでなく、オンライン教材を使った授業を行うことで、より効率的な教育が実現できます。バーチャルラーニングでは、学習者は自宅にいながら授業を受けることができ、時間の節約だけでなく、学習に最適なコースを柔軟に選択することができます。

抑制要因:直接的対面と直接的監視の欠如

オンライン教育では、受講者と講師が直接顔を合わせることができません。また、オンラインコースでは、ユーザーが自分のペースで学習できる柔軟性が提供される一方で、学習ペースの維持のためには自制心が必要となります。電子機器でリマインダーを設定しても、自己管理能力に欠ける学生の場合は、学習の進捗が遅くなる可能性があります。また、従来の教育システムでは、仲間同士の交流や社会性が刺激となりますが、オンライン学習者の環境は、従来のものと比べて遅れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]