機械制御システムの市場規模、2027年に65億米ドル到達予測

機械制御システムの市場規模は、2022年の45億米ドルからCAGR7.7%で成長し、2027年には65億米ドルに達すると予測されています。同市場の需要は、成長する建設業界からの高い要望などにより支えられています。

COVID-19が機械制御システム市場に与えた影響

COVID-19パンデミックは、2020年を中心とした建設業界に多大な影響を与えました。世界各地の建設現場は、原材料不足、経済問題、労働力不足などにより、操業停止を余儀なくされました。さらに、ロックダウンが課せられたことにより、進行中の多くのプロジェクトが中止となり、建設業界における機械制御システムの需要に影響を与えました。その後、ロックダウンの解除やワクチンのロールアウトにより、2021年に業界は勢いを取り戻し、速いペースで回復すると予想されています。機械制御システムの需要は、今後、着実に成長すると考えられます。

牽引要因:インフラプロジェクトにおける作業の高速化と効率化

昨今、インフラや建設プロジェクトでは、遅延やコスト超過が大きな問題となっています。使用される機器の種類は、プロジェクトの完了時間に影響を与える主な要因で、機器の効率性は、プロジェクト実行のスピードと正確性を確保する上で重要な役割を果たします。機器が必要とされる、あるいは期待される速度で動作しなければ、想定外の遅延につながる可能性があります。さらに、ペグの乱れや巻尺の読み間違いなどによるエラーが発生すると、建設プロジェクト全体のやり直しから、予算の超過やさらなる遅延につながる可能性があります。

インド政府は、高速道路関連のプロジェクトにおいて、要求される品質パラメータを満たす効率的な建設機械を使用して、オンタイムでの完成を義務づけています。機械制御技術は、建設機械が最適な性能を発揮できるように監視・制御する上で重要な役割を果たしており、その結果、品質保証のチェックや工事の迅速化につながります。また、高速、高精度でプロジェクトを完了させるだけでなく、メンテナンスコストも低く抑えられます。これは、相当な時間と金額を節約できる投資になります。建設業界の激しい競争の中で、機械制御システムを使用することは、機械や現場のダウンタイムを減らし、資源の効率的な使用を支援するため、長い目で見れば建設現場の作業員にとって多くの点で非常に有益です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]