地理空間画像分析の市場規模、2026年に375億米ドル到達予測

地理空間画像分析の市場規模は、2021年の91億米ドルからCAGR32.8%で成長し、2026年には375億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因は、地理空間画像分析技術の台頭と競争の激化です。

COVID-19が地理空間画像分析市場に与える影響

COVID-19の蔓延は、世界のビジネスおよび経済を混乱させ、人々の生活様式および企業のビジネス管理のためのアプローチに影響を与えています。このパンデミックは、テクノロジー分野のあらゆる要素に影響を与えています。IT業界で最も影響を受けるのはハードウェアビジネスで、その供給が減速し、製造能力が低下したため、ITインフラの成長が鈍化しています。また、ソフトウェアおよびサービス事業も短いスパンでの減速が予想されます。一方、コラボレーションアプリケーション、ロケーションベースのアプリケーション、セキュリティソリューション、ビッグデータ、AIの採用は、今年度後半で増加に転じると予測されます。企業は施設管理、ウイルス追跡、人の追跡・管理、スマート検疫などに地理空間画像分析ソリューションやハードウェアを活用しています。政府や民間企業では、市民を屋内に閉じ込めたり、追跡したりするために、地理空間画像分析ソリューションを採用しています。

推進要因:地理空間画像分析技術の台頭

地理空間技術の進歩に伴い、データ収集の頻度と量は飛躍的に増加しています。多く企業にとっての課題は、この膨大な量のデータを管理することです。AIとディープラーニングを使えば、機械がギガバイト単位の地理空間データを処理し、有用な洞察を提供することができます。さらに、先端技術と地理空間画像処理技術を統合することで、政府や研究者に衛星画像などのパンデミック管理データを提供することができます。システムはAIにより、様々な地域での病気の発生を特定することができます。

抑制要因:規制と法的問題

地理的な差異、ロケーションプライバシー、知的財産権、データのライセンス、地理空間データの保存などによるデータ収集プロセスの制限は、地理空間画像分析ソリューションの利用を制限します。地理空間技術プロバイダーは、大規模な公共および民間の地理空間プロジェクトを確保するために、このような法的問題を考慮することが重要です。

市場機会:5Gネットワークの導入

多くの国では、外国の直接投資を自国に誘致するために、5G技術を構築し、インフラ整備に取り組んでいます。地理空間技術は、スマートシティプロジェクトの推進に大きな役割を果たします。地理空間画像やビデオ分析技術による正確なデータを利用することで、政府や公共機関による都市のインフラを設計に役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]