熱可塑性ポリオレフィンの市場規模、2026年に62億米ドル到達予測

熱可塑性ポリオレフィン(TPO)の市場規模は、2021年の45億米ドルからCAGR41%で成長し、2026年には62億米ドルに達すると予測されています。TPOの最大の最終用途産業は自動車であり、建築・建設がこれに続きます。TPOは、バンパー、ロッカーパネル、ボディシール、自動車用ガスケット、ドアおよびウィンドウなどの車体外装部品に使用されています。最近のTPOの開発により、自動車業界のアンダーフード用途にも使用されるようになりました。

2020年にはAPAC(アジア太平洋)のTPO市場が最大シェアを占めました。建設業や自動車産業の発展に伴い、TPOの需要拡大が見込まれています。APACでは、2020年に日本がTPO市場を独占し、中国と韓国がそれに続きました。同市場は、予測期間中に高いCAGRを記録すると予測されています。北米は、2020年のTPO市場において、第2位のシェアを占めました。高い需要の背景には、自動車分野の成長があります。自動車販売の堅調な伸びが、この地域のTPO市場を牽引すると予想されます。そのほか、建設部門の成長も市場を強化すると期待されています。2020年の北米市場では、米国が最大のシェアを占め、カナダがそれに続いています。

COVID-19の熱可塑性ポリオレフィン(TPO)市場への影響

COVID-19パンデミックにより、世界的なサプライチェーンの混乱、生産活動の停止、需要の減少、一人当たりの消費額の減少などがTPO市場に影響を与えました。一方、景気後退やCOVID-19パンデミックからの回復に加え、世界各地で電気自動車(EV)の普及が進んでいることから、TPOの需要は今後数年間で大幅に増加すると予想されます。APACの自動車産業からの需要の増加、TPOの環境に優しい性質、TPO加工産業の進歩が市場を後押しすると考えられます。TPO市場の主な抑制要因は、原材料の価格変動と、低コストのTPO製品を開発する際の技術的困難さです。

推進要因:自動車の外装および内装部品へのTPOの使用増加

自動車産業は、自動車の外装・内装部品用途において、軽量、高性能、リサイクル可能な素材の需要が高まっていることから、TPOの最大の最終用途市場となっています。TPOは、自動車のボディカラーとのマッチング、耐擦過傷性、低温衝撃性、優れた耐候性などの特徴を持っています。バンパー、フィラーパネル、ワイパー、ボディシール、自動車用ガスケット、ドアおよびウィンドウハンドル、振動減衰パッドなどの外装部品に使用されています。また、TPOは自動車業界のアンダーザフード用途にも使用されています。

また、自動車業界では、燃費向上のために軽量化が重要視されており、そのために自動車の金属部品や合金部品がポリマーや熱可塑性エラストマーに置き換えられています。TPOを使用することで、従来の自動車部品の重量を20%~25%削減することができます。米国化学工業協会(ACC)によると、米国の小型商用車におけるTPOの平均使用量は36ポンドを超えており、その特性と強度から今後も増加すると予想されています。

また、国際自動車工業会(OICA)によると、2020年の世界の自動車生産台数は7,700万台に上ります。このように、世界全体での自動車生産台数の増加は、TPO市場の牽引役になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]