コラーゲンの市場規模、2026年に53億米ドル到達予測

コラーゲンの市場規模は、2021年の41億米ドルからCAGR5.4%で成長し、2026年には53億米ドルに達すると予測されています。コラーゲンは、医療、化粧品、食品・飲料など、さまざまな産業分野で幅広く利用できる汎用性の高い特性を持っています。そのため、医薬品や化粧品業界でのコラーゲンの使用が増加しており、コラーゲン製品の需要が高まると予想されます。一方、文化的な制約により、動物由来の食品や飲料の消費が禁止されていることが、コラーゲン市場の成長を妨げています。

COVID-19のコラーゲン市場への影響

COVID-19パンデミックは、食品・飲料業界全体に大きな影響を与えています。隔離ルールにより、供給不足やサプライチェーンの混乱が生じ、市場のプレーヤーの成長の妨げになっています。一方で、複数の健康上の利点から、栄養価の高い製品の需要が増加しています。コラーゲンは、高齢者をターゲットにしたサプリメントに広く使用されており、高齢化社会におけるコラーゲンベースのサプリメントの採用は、健康、免疫力、そして全体的な健康状態を向上させます。さらに、パンデミックによる健康不安の高まりから、消費者は食品や飲料の製品ラベルに注目するようになりました。食品・飲料メーカーは、健康に良い成分として消費者に人気のあるゼラチンやその他のコラーゲンを製品に配合することで、市場シェアを拡大し、新たな消費者を獲得する機会を得られます。短期的には、パンデミックにより、輸送の制限や労働者不足など、コラーゲン製造の日常業務に影響が出ることが想定されますが、食品、飲料、栄養製品などコラーゲンが使用されている製品は、健康志向の消費者から注目されているため、今後も、売上を伸ばすことが予想されます。

牽引要因:コラーゲン入り化粧品の需要増加

人間の皮膚に存在するコラーゲン繊維は、時間の経過とともにダメージを受け、太さや強さを失い、皮膚の老化を引き起こします。コラーゲンは、化粧品業界では、骨や軟骨の再生、血管や心臓の再建、皮膚の置換、軟らかい皮膚の増強などのために、栄養補助食品としてクリームに使用されています。コラーゲンは、石鹸、シャンプー、フェイシャルクリーム、ボディローション、その他の化粧品の一般的な構成要素です。加水分解コラーゲンは、スキンケア製品やヘアケア製品の重要な成分です。パーソナルケア分野での加水分解コラーゲンの重要な用途の一つは、界面活性剤や活性洗浄剤と組み合わせて、シャンプーやシャワージェルに配合することです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]