車載用カメラの市場規模、2026年には113億米ドル到達予測

車載用カメラの市場規模は、2021年の68億米ドルからCAGR10.4%で成長し、2026年には113億米ドルに達すると予測されています。自動車生産台数の増加、政府の安全基準、より安全な自動車に対する消費者の需要、EVの販売台数の増加が、自動車用カメラ市場の需要を促進すると考えられます。

COVID-19パンデミックは、自動車関連のステークホルダーにとって大きな懸念材料となっています。自動車生産の停止や供給の混乱により、自動車産業は停止状態に陥っています。パンデミック後の自動車販売台数の減少は、今後数四半期間、自動車メーカーにとって大きな課題になることが考えられます。一方で、各国の義務化により、2022年以降、同市場の拡大が予想されています。

COVID-19が自動車用カメラ市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、鉄鋼、銅、アルミニウムなどの素材の採取への影響はないと考えられています。2020年の最初の6ヶ月間は貿易制限が行われていたため、中国の主要な採掘業者によって原材料の採掘が続けられました。一方、銅などの原材料の価格は上昇を続け、2021年5月には銅価格が10年ぶりに1トンあたり1万米ドルに達しました。

COVID-19パンデミックは、世界の自動車産業に深刻な影響を与えています。これは、中国からの部品輸出のサプライチェーンの途絶、欧州全域での大規模な製造中断、米国やインド、ブラジルなどの自動車部門の組立工場の閉鎖などからも明らかです。

牽引要因:経済先進国における自動車の安全性に関する政府の取り組み

厳格な安全基準により、OEMやTier-1メーカーは、設定された目標を達成するために先進的な安全技術を選択する必要に迫られており、これがADAS機能に使用される車載カメラの採用を促進する上で重要な役割を果たしています。例えば、欧州政府は、緊急ブレーキや車線逸脱警告などのADASを義務付けることに重点を置いています。EUは、交通事故による死傷者数を大幅に削減するために、2019年3月に自動車メーカーに強化された安全基準を課す新規制を導入しました。2019年3月、欧州委員会は、2022年から新たな安全技術を域内で義務化する一般安全規則の改定で中間合意しました。改正規則では、インテリジェントスピードアシスタンス、緊急停止信号、逆走検知システムなどの安全機能をすべての車両に搭載することを義務付けています。また、緊急レーンキーピングシステムや高度なブレーキシステムなど、自動車やバンの補助的な機能も義務付けられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]