鉄道資産管理の市場規模、2026年に132億米ドル到達予測

鉄道資産管理の市場規模は、2021年の101億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2026年には132億米ドルに達すると予測されています。鉄道業界は、一国の経済・財政状況の形成に重要な役割を果たしており、毎日何十億人もの乗客や貨物を運び、莫大な収益を上げています。輸送が容易で快適なことから、旅客と貨物の双方の鉄道への依存度が急速に高まっています。多くの国では、鉄道を通じて国民にシームレスな体験を提供するため、鉄道インフラに多額の投資を行っています。また、鉄道は1回の運行で大量の荷物を運ぶことができるため、政府は乗客や荷物の輸送コストを最小限に抑えることができます。鉄道への依存度が高まるにつれ、既存の鉄道インフラへの圧力が高まっています。そのため、システムの消耗、故障、損傷、修理の必要性から、鉄道車両とインフラの両方において、予定外のメンテナンスが必要となっています。

COVID-19が鉄道資産管理市場に与える影響

パンデミックの発生により、地方自治体や国が課す厳しい移動制限のため、鉄道資産管理ソリューションの成長は鈍化しています。しかし、IoT、ビッグデータ、アナリティクス、クラウド、セキュリティ、ネットワーク接続などと結合できる鉄道資産管理ソリューションの採用が進んだことで、多くの鉄道事業者からの需要が発生しています。各国の規制当局は、より迅速な医療サービスや緊急支援サービスの提供に主眼を置いているため、救急サービスや医療サービスへのIoTやクラウドの導入は、パンデミック時の鉄道資産管理ソリューションの採用を高めることが予想されます。

牽引要因:効率的な鉄道運行へのニーズの高まり

効率的な鉄道運行のためには、鉄道資産の適切なスケジューリング、モニタリング、およびメンテナンスが必要です。メンテナンススケジュールは、ダウンタイムのために資産の生産性を低下させます。手動診断では成功率が低いため、このダウンタイムはさらに長くなります。効率性を高め、時間消費を削減するために、鉄道当局は状態ベースの予知保全ソリューションを重視しています。これらのソリューションは、タイムリーなモニタリングと資産の効率的なスケジューリングを可能にし、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。リアルタイム分析に基づく状態監視・予知保全により、手動による診断への依存度を最小限に抑えることができます。また、IoT技術は、鉄道資産やインフラにRFID(Radio Frequency Identification)やGPSセンサー、検出器をユビキタスに設置することを実現しました。これにより、温度、熱、圧力、状態、位置などの複数の属性を収集、送信、分析することが可能になり、鉄道資産のメンテナンスサイクルを向上させることができます。また、鉄道資産からのデータは、資産の利用を最適化するために使用することができます。さらに、資産の定期的なメンテナンス、資源の集約とコストの把握も可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]