産業用3Dプリンティングの市場規模、2026年に52億米ドル到達予測

産業用3Dプリンティングの市場規模は、2021年の21億米ドルからCAGR20.0%で成長し、2026年には52億米ドルに達すると予測されています。産業用3Dプリンティング技術は、プロトタイピングから大量生産へと変化しています。3Dプリントを使った大量生産は、従来の工具を使わず、試作品や最終部品のリードタイムを短縮することで、市場投入までの時間を大幅に短縮することができます。同市場は、提供方法、プロセス、テクノロジー、アプリケーション、産業、地域に基づいてセグメント化されています。

COVID-19が3Dプリンティング市場に与える影響

COVID-19パンデミックの出現は、世界的な脅威となっており、産業用3Dプリンティング市場にも影響を与えています。3Dプリンターを導入している多くのエンドユーズバーティカルがこの危機の影響を受けています。そのため、2020年の市場は2019年に比べて14%の減少となりました。市場関係者は、需要と供給の双方で3Dプリンターのサプライチェーンの混乱を目撃しています。OEM、サプライヤ、インテグレータ、エンドユーザ、ディストリビュータなど、バリューチェーンの業界専門家からのインプットと、同業界のエコシステムにおける企業の財務発表を考慮すると、2019年から2020年にかけて市場は縮小していると思われます。例えば、3D Systems社、Stratasys社、Materialise社、voxeljet社、Desktop Metal社、HP社などの企業は減収となりました。SLM Solutions、ExOne、Protolabsなどの少数の企業は、わずかな増収を目撃しました。2021年以降、市場は回復すると思われます。

牽引要因:3Dプリンティングを用いた大量生産への関心の高まり

工業用3Dプリンティング技術は、プロトタイピングから大量生産へと変化しています。現在、3Dプリントは、低~中量生産に適した技術と考えられています。しかし、今後は3Dプリンティングによる大量生産の機会が生まれることが予想されます。ハイボリュームアディティブマニュファクチャリング(AM)とは、100万個以下の生産量で3Dプリンティングシステムやプロセスを使用することを指します。量産型AMの利点は、多品種に対応できることです。金型を必要としないため、1台の3Dプリンティングシステムとそのプロセスで、デザインの異なる多数の製品を一括して作成することができます。競争の激しい業界では、市場投入までの時間がブランドの成功を左右する決定的な要因となります。3Dプリントによる大量生産は、従来の金型を使わず、試作品や最終部品のリードタイムを短縮することで、市場投入までの時間を大幅に短縮することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]