自動車用診断スキャンツールの市場規模、2026年に414億米ドル到達予測

自動車用診断スキャンツールの市場規模は、2021年の331億米ドルからCAGR4.5%で成長し、2026年には414億米ドルに達すると予測されています。市場の主な成長要因は、自動車の生産と販売の増加、自動車ワークショップの増加、自動車に高度な機能を統合する傾向などが挙げられます。

COVID-19が自動車用診断スキャンツール市場に与える影響

COVID-19パンデミック発生後、2020年の最初の6ヶ月間は貿易制限が実施されたため、中国の主要な採掘業者によって原材料の採掘が継続されました。しかし、原料価格は上昇を続け、2021年5月には銅価格が10年ぶりに1トン当たり1万米ドルに達しました。一方、自動車用診断スキャンツール市場は、タイムリーな自動車修理やメンテナンスに対する意識の高まり、各国の厳しい排ガス規制などにより、2022年は成長が予想されます。COVID-19は、世界の自動車産業に、サプライチェーンの混乱、製造中断、組み立て工場の閉鎖という形で深刻な影響を及ぼしています。

牽引要因:乗用車の販売台数の増加

自動車診断用スキャンツールは、乗用車の販売台数の増加に伴い、市場の拡大が見込まれています。乗用車の販売台数は急増しており、中国、米国、欧州の3大自動車市場すべてで成長しています。乗用車は自動車市場の中で急成長しているセグメントであり、今後も大きな成長を遂げることが予想されます。世界の乗用車販売台数は、2021年の6410万台から2025年には7250万台に達すると推定されており、各国政府の車検義務化支援などの要因により、自動車用診断ツールの需要が高まっています。乗用車市場は、一般的に国や地域内の富の分布に影響され、財政の安定性の良い指標となります。自動車用診断スキャンツール市場の成長は、新興国における急速な都市化と、自動車の個人所有への需要が要因となっています。

抑制要因:高度な診断ツールの高い初期コスト

自動車コンピュータ技術の絶え間ない進歩に伴い、整備工場はより高度なスキャンツールを必要としますが、ほとんどの整備工場はそのすべてを購入することはできません。診断スキャンツールの価格は低下傾向にありますが、従来のOBD-Iシステムよりも高価です。診断スキャンツールのメーカーは、OEMから価格を抑制するよう圧力を受けています。厳しい安全規制をクリアしなければならないため、自動車診断には高度な機器や装置が必要となり、これが全体のコストを押し上げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]