トータルステーションの市場規模、2027年に22億米ドル到達予測

トータルステーションの市場規模は、2022年から2027年にかけて6.1%のCAGRを記録し、2027年には22億米ドルに達すると予測されています。トータルステーションは、地形・測地作業において、距離、水平・垂直方向の角度、標高などを測定することで、地形調査、一般的な土地調査、道路・通路調査、体積調査、インフラ調査、ユーティリティー設計調査、電力・パイプラインライン検査、フォレンジック調査などに使用されます。測定結果は、トータルステーションの内部メモリに記録され、パーソナルコンピュータのインターフェースに転送し測量および建設ソフトウェアツールで分析することができます。トータルステーションは、建設、輸送、公共事業、鉱業、農業、石油・ガスなど、さまざまな用途で使用されています。

COVID-19がトータルステーション市場に与えた影響

COVID-19パンデミックは、2020年を中心として、建設業界に多大な影響を与えました。世界各国の建設現場は、原材料の不足、財政問題、労働力不足のために操業停止を余儀なくされました。さらに、ロックダウンが課せられたことにより、進行中の多くのプロジェクトが中止となり、建設業界におけるトータルステーションの需要に影響を与えました。その後、ロックダウンの解除やワクチンのロールアウトにより、2021年には関連業界は勢いを取り戻し、早いペースで回復することが期待されています。同時に、トータルステーションの需要も、今後、安定して成長することが期待されます。

牽引要因:建設業界からのポジティブな需要

建設業界は、今後10年間、発展途上国を中心に世界的に大きく成長すると予想されています。Construction Global社が発表した記事によると、建設業界は年平均3.6%の成長率で2030年までに35%成長すると予測されています。需要の増加に伴い、請負業者は、低い生産性、予期せぬ再作業や変更指示に悩まされています。現在、建築構造はより複雑になっており、低価格で短納期、優れた品質が求められています。そのためには、高度な機器、ビルディングインフォメーションモデリングソリューション、デジタルワークフローなどの新しいプロセスの導入が必要となります。トータルステーションは、新築物件のレイアウトや既存物件の建築時に、角度や距離を高精度に測定するのに役立ち、離散点を利用することができます。

世界の建設分野では、人口と可処分所得の増加に伴い、住宅分野が目覚ましい成長を遂げると予想されています。モジュラー構造、安全性の向上、3Dプリント、遠隔・接続技術、持続可能な建設などの住宅建設のトレンドは、住宅の改築や再建に拍車をかけています。住宅建設産業の成長は、トータルステーション市場の強化にもつながります。建設部門の成長の大半は、中国、インド、インドネシアなどの発展途上国からもたらされると考えられており、これらの市場では、トータルステーションの需要が驚異的な成長を遂げることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]