樹脂複合材の市場規模、2026年に274億米ドル到達予測

樹脂複合材の市場規模は、2021年の205億米ドルからCAGR6.0%で成長し、2026年には274億米ドルに達すると予測されています。樹脂複合材市場は、様々な用途により成長しています。樹脂複合材市場は、2020年にはCOVID-19の影響で減少すると予想されています。しかし、ロックダウンの終了とアプリケーション分野の回復により、今後、市場の拡大が期待されています。

COVID-19の樹脂複合材市場に与える影響

樹脂複合材市場は、COVID-19パンデミックにより、2020年に減少すると予想されています。COVID-19は、APAC(アジア太平洋)と欧州地域を中心に、全世界に悪影響を及ぼしています。さらなる拡大を防ぐため、企業は事業や製造施設を閉鎖し、政府は建設活動を制限しています。これにより、各業界における樹脂複合材の消費量が減少しています。

COVID-19や、許認可手続きの長期化などの規制問題により、最終用途産業の生産が滞り、複合材樹脂の需要が減少しています。しかし、2021年にはその需要は回復すると予想されます。COVID-19の影響を最初に受けた中国では、製造活動が再開しており、同時に樹脂複合材の需要が増加すると考えられます。

牽引要因:輸送産業の成長

自動車および輸送業界は、樹脂複合材の最終用途産業として急速に成長しています。自動車業界は、エネルギー効率の向上、排出ガスの削減、耐久性の向上など、多くの課題を抱えています。複合材は、自動車および輸送分野において、アルミニウムやスチールの代替品として、車両の重量を30%~60%削減できると考えられています。また、軽量化だけでなく、優れた機械的特性と長い耐久性も兼ね備えています。複合材のマトリックスとして使用される熱硬化性樹脂や熱可塑性樹脂などの樹脂複合材は、性能が向上しており、自動車および輸送用途に有用な材料です。硬化時間の短縮、仕上げ品質の向上、熱・温度・腐食に対する耐性などが、自動車および輸送業界における複合材料の需要を押し上げる要因となっています。

風力エネルギーへの応用が市場の成長を促進

北米や欧州では、再生可能エネルギーによる発電が始まっています。風力エネルギーは、再生可能エネルギーによる発電の一つです。Global Wind Energy Council(GWEC)によると、2020年には、世界の2大風力発電市場である中国と米国での設備が急増し、記録的な成長が見込まれています。中国と米国は、2020年の新規風力エネルギー設置数の75%近くを占め、世界の風力発電総容量の半分以上を占めました。これにより、近年、樹脂複合材の需要が高まっています。今後5年間で、インド、ブラジル、インドネシアなどの新興国でも同様の発展が予想されます。これらの国では、再生不可能な資源への負担を減らすため、風力エネルギーの生産量を増やしており、これが樹脂複合材の需要を増大させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]