物理的セキュリティの市場規模、2026年に1,400億米ドル到達予測

物理的セキュリティの市場規模は、2021年の1,027億米ドルからCAGR6.4%で成長し、2026年には1,400億米ドルに達すると予測されています。物理的セキュリティ市場を活性化させている主な要因としては、物理的システムに対するテロ活動やセキュリティ侵害の事例の増加、ビデオ監視用IPベースカメラの増加、物理的セキュリティシステムに対するサイバー脅威の増加などが挙げられ、物理的セキュリティベンダーに有利な機会を提供しています。

COVID 19の物理的セキュリティ市場への影響

COVID-19の状況下において、窃盗や強盗の被害が増加したことで、ビデオ分析などの利点により、監視ベースの物理的セキュリティシステムおよびサービスの需要が増加しました。現在、多くの企業がWHOやハイブリッドワークモデルを採用しているため、効果的なセキュリティを実現するために、セキュリティ評価に向けた物理的セキュリティの需要がさらに増加すると思われます。

推進要因:テロ活動や物理システムへのセキュリティ侵害の増加

犯罪率の増加やテロ活動の活発化により、資産、人、プロセスの安全性やセキュリティに対する懸念が高まっています。これらへの攻撃により、何人もの人命が失われ、インフラに甚大な被害が出ており、物理的なセキュリティソリューションの必要性が高まっています。米国国務省によると、世界各地でテロ活動が活発化しています。米国では、9.11以降、2004年からはテロの減少が見られましたが、2012年を境に再び大幅に増加しています。

抑制要因:予算の制約とソリューションの高い導入コスト

物理的なセキュリティシステムを採用する場合、高品質なハードウェアを統合するため、初期投資とメンテナンスコストは高額になります。中小企業は予算の制約から、新しい技術の導入に消極的で、従来のセキュリティソフトウェアを使い続けています。さらに、企業は重要なサーバーだけを優先的に保護し、データベース内のデータの復元にはあまり注意を払っていません。このように、適切な予算がないことは、物理セキュリティの専門家がITセキュリティ業務を効果的に遂行する上での重要な課題となっています。

抑制要因:プライバシーの侵害に関する問題

高速道路、駐車場、公園、交通機関、小売店、金融機関、オフィスなどに設置されている監視システムは、しばしばプライバシーの侵害とみなされ、市民、自由団体および活動家からの反対を受けます。人々、は自分の個人情報が合法的かつ特定の目的にのみ使用されることを想定しているため、誰がビデオを見るのか、またビデオがどのように使用されたり悪用されたりするのかといった懸念があります。データの悪用はプライバシー侵害につながり、物理的セキュリティ市場の成長を抑制する要因の一つになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]