データセンターの相互接続市場、2026年に170億米ドル到達予測

データセンターの相互接続市場は、2021年の86億米ドルからCAGR14.5%で成長し、2026年には170億米ドルに達すると予測されています。クラウドベースのソリューションへの移行が進み、世界経済のボーダレス化が進んでいることに加え、COVID-19による全国的なロックダウンの影響でOTTサービスの消費が急増していることが、データセンターの相互接続市場の成長を促進すると予想されます。

COVID-19がデータセンターの相互接続市場に与える影響

COVID-19の世界的な流行の出現は、データセンター相互接続市場に影響を与えました。一部の地域ではデータセンターの建設が停止しました。また、欧州では、労働者の安全のために建設プロジェクトが完全に停止しました。さらに、許可申請などの建設前の活動も一時的に中断されました。一方、東南アジアの反応は様々でした。シンガポールでは建設活動を一時的に停止していましたが、タイでは外出禁止期間中に労働者が帰宅できるように勤務日数を減らし、建設プロジェクトを許可していました。建設の範囲内では、プロジェクト管理者、サービスプロバイダー、サプライヤーが納品能力を監視したことで、ボトルネックの早期発見と代替案の選択が可能になりました。

推進要因:クラウドベースソリューションへの移行

ウェブベースのアプリケーションが登場すると、アプリのアーキテクチャが非常に簡単になり、パフォーマンスに大きな影響を与えることなく、複数のアプリを共有サーバーで簡単にホストできるようになりました。しかし、ユーザー数の増加やアプリの複雑化に伴い、共有ホスティングは効果的ではなくなりました。企業はアプリを専用のVPSホスティングソリューションに移行しましたが、これは長期間の使用には適しておらず、ユーザーに不具合を与えるようになりました。ビジネスオーナーには、専用サーバー全体を購入するという選択肢はなく、アプリケーションの新しいVPSサーバーへの移行が、最初に直面した課題となりました。しかし、多くの場合、サーバーのかなりの部分が未使用だったため、専用サーバーの必要性に疑問を持つようになり、企業はクラウドベースのソリューションを選ぶようになりました。

抑制要因:データセンターの設置に必要な初期投資の高さ

データセンターの設置を計画する際には、いくつかの点を考慮する必要があります。例えば、エンジニアリング、許可・承認、電源システム、筐体付きの発電機、発電機用のコンジットとケーブル、データセンターの照明、照明保護、HVAC、消火設備などです。これらのコストは、資本投資にすぐに加算されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]