ラボ用遠心分離機の市場規模、2026年に22億米ドル到達予測

ラボ用遠心分離機の市場規模は、2021年の18億米ドルからCAGR4.0%で成長し、2026年には22億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、研究開発投資や研究助成金の増加、技術の進歩や革新的なローターデザインの増加、感染症の流行によるラボ用遠心分離機でのサンプル検査や細胞ベースの研究の増加、ラボ用遠心分離機の用途の拡大などにより牽引されています。

COVID -19がラボ用遠心分離機市場に与える影響

COVID-19の患者数の多さと、ラボ用遠心分離機の不足とが相まって、ラボ用遠心分離機市場の成長を牽引しています。しかし、COVID-19パンデミックの発生から数年が経過し、人々へのワクチン接種や診断が行われるようになると、遠心分離機の需要はそれほど高くなくなり、徐々にCOVID-19以前の成長率や需要に落ち着きつつあります。

ラボ用遠心分離機を扱うビジネスの売上と収益は、COVID-19パンデミックにより2020年に成長を遂げ、パンデミックの間にいくつかのユニークな技術が発表されています。

2020年に、インドの科学者Manu Prakash氏とそのチームは、COVID-19ウイルスを検出するために唾液サンプル中の成分を分離するために、電気を使わずに動作する非常に安価な遠心分離機を開発しました。これは、世界の低所得地域において、COVID-19診断への患者のアクセスを高める可能性があると考えられました。

2021年に、COVID-19サンプルをハイスループットで処理するためのRT-LAMP PCRに基づく研究がJournal, Analyst 2021に掲載されました。これは、ポリスチレン・トナー(PS-T)遠心式マイクロ流体デバイスで構成されており、RT-LAMPによるCOVID-19の分子診断のために、フィジェットスピナーで手動制御され、統合された自動比色検出システムが含まれていました。(出典 Journal Analyst 2021; Rapid molecular diagnostics of COVID-19 by RT-LAMP in a centrifugal polystyrene-toner-based microdevice with endpoint visual detection.

推進要因:技術の進歩と革新的なローター設計の高まり

ラボ用遠心分離機の技術革新は、利便性、スピード、コンパクト性、安全性、効率性、正確性の向上に焦点を当てています。遠心分離機に使用されているローターは、以前は引張鋼で作られていましたが、その後、アルミニウムやチタン合金に変わりました。また、炭素繊維製のローターは、従来の21kgのアルミ製ローターに比べて、8kgと大幅に軽量化されています。炭素繊維は、ローターの柔軟性を高め、化学的な腐食や構造的な疲労に強度があります。さらに、高速遠心機の導入により、遠心分離に要する時間が大幅に短縮され、プロセスの途中の危険性も低くなりました。設計の進歩により、ローターなどの主要機器部品の交換やメンテナンスも容易になりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]