コラーゲンペプチドの市場規模、2026年に8億2,800万米ドル到達予測

コラーゲンペプチドの市場規模は、2021年の6億3,100万米ドルからCAGR5.6%で成長し、2026年には8億2,800万米ドルに達すると予測されています。ライフスタイルや食習慣の変化、欧米型の食生活の採用、食品・飲料、医薬品、化粧品・パーソナルケア製品、栄養製品など幅広い製品におけるコラーゲンペプチドの機能性成分の需要の増加などが、新興国における同市場の発展に寄与しています。アジア太平洋地域、南アフリカ、中東、南米、東欧諸国などの新興国は、製造プロセスの向上に伴う産業活動の活発化により、コラーゲンペプチド市場の成長に絶好の機会を提供しています。しかし、動物由来の製品を消費することに対する文化的な規制が、今後の抑制要因となっています。

COVID-19のコラーゲンペプチド市場への影響

COVID-19パンデミックは、食品・飲料業界全体に多大な影響を与えています。隔離ルールにより、供給不足やキャンセルも発生しており、市場の地元および国内のプレーヤーの成長の妨げになっています。パンデミックの影響で、食品・飲料業界向けの原材料の製造・供給が減少しています。COVID-19は中国企業に大きな混乱をもたらしたため、外資系企業の多くは調達先を中国から他の国に移しています。Institute for Supply Managementの調査によると、2月22日から3月5日の間、中国の生産量は過去最低となり、中国国内のメーカーの稼働率は50%、従業員数は通常の56%となっています。

牽引要因:コラーゲンペプチドを使用した化粧品およびパーソナルケア製品

人間の皮膚に存在するコラーゲン繊維は、時間の経過とともに損傷を受け、太さや強さを失い、皮膚の老化を引き起こします。コラーゲンペプチドは、化粧品やパーソナルケア製品に使用されています。骨の成長を助ける栄養補助食品や、石鹸やシャンプー、ボディローション、フェイシャルクリームなど、皮膚の再生や増強を助ける、パーソナルケア製品などにも採用されています。コラーゲンペプチドは、シャンプーやシャワージェルの中では、界面活性剤や洗浄剤の役割を果たしています。

抑制要因:動物由来のタンパク質に対する制約

コラーゲンペプチドは、牛、豚、魚、家禽など、動物を処理した際の骨、皮、蹄などのコラーゲンから生成される動物性の副産物である。そのため、宗教や食事上の理由で動物性食品の摂取を禁じられている人は、コラーゲンペプチドを使用した製品を摂取することが出来ません。例えば、中近東のイスラム社会では、豚肉や豚肉由来の製品は厳しく禁じられています。そのため、ハラル認証を受けた牛由来の製品を好んで摂取します。これらの地域では、豚の皮から製造されるコラーゲンペプチドの市場はごくわずかです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]