フィールド活動管理の市場規模、2026年に22億米ドル到達予測

フィールド活動管理の市場規模は、2021年の10億米ドルからCAGR16.4%で成長し、2026年には22億米ドルに達すると予測しています。エコシステムには様々なキープレイヤーが存在するため、競争が激しく多様な市場となっています。フィールド活動管理とは、ソフトウェア、ワークフロー、通信ソリューションを用いて、物理的な資産、関連する労働力、機器などの現場活動を管理することです。フィールド活動管理ソリューションは、マッピングやスケジューリング、位置情報、時間や費用のトラッキングに関連するデータを1つのプラットフォームに統合して取得し、フィールド上の資産の効率的な利用、可視化、トラッキング、管理を可能にします。

COVID-19は、エネルギー、石油・ガス、輸送・物流、製造、航空など、さまざまな金融・産業分野に大きな経済的影響を与えており、何兆ドルもの損失により、世界経済が後退すると予測されています。ロックダウンを課したり、延長したりする国が増えているため、経済活動が低迷し、世界経済に影響を与えることになります。すべての個人や政府が社会の中で互いに連絡を取り合い、COVID-19に関する情報をリアルタイムで提供し、入手しています。

COVID-19の感染者は日に日に増加しており、その影響は、個人だけでなく、大企業や中小企業にも及びました。製造業、自動車、繊維、輸送・物流、旅行・接客、消費財などの基幹産業が、世界各地で国レベルのロックダウンにより閉鎖されています。これは、GDPの減少という点で、世界経済に大きな影響を与えます。古くから、中小企業は経済のバックボーンとして機能しています。現在の状況下では、中小企業が最も大きな影響を受けています。

牽引要因:クラウドベースのフィールド活動管理ソリューションの採用増加

クラウドベースのフィールド活動管理ソリューションの導入が大きく促進されています。Cisco Global Cloud Index Forecastによると、クラウドのインターネットプロトコル(IP)トラフィックは、2015年から2020年の間にCAGR30%で成長すると予想されています。クラウドベースの展開モデルには、有利な条件、簡単で高速な展開、フィールド活動ソリューションのより俊敏な管理・運用などのメリットがあります。クラウドプラットフォームは、1つの統合プラットフォームを提供することで、地理的に分散しているビジネスユニットのニーズに対応しています。このテクノロジーの利点を活用するために、企業はオンプレミスのフィールド活動管理ソリューションから、クラウドで展開されるフィールド活動管理ソリューションへと移行しています。クラウドソリューションへの需要を考慮して、フィールド活動管理ベンダーは、コスト削減と高い投資収益率(RoI)の達成に役立つSaaSベースのソリューションの提供に注力しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]