フッ化水素ガス検知器の市場規模、2026年に7億400万米ドル到達予測

フッ化水素ガス検知器の市場規模は、2021年の5億4,300万米ドルからCAGR5.3%で成長し、2026年には7億400万米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因としては、石油・ガス精製所や化学プラントでのフッ化水素ガス漏れによる事故の増加がフッ化水素ガス検知装置の需要を押し上げていることや、人体や環境の安全性に対する規制が厳しくなっていることなどが挙げられます。

COVID-19によるフッ化水素ガス検知器市場への影響

COVID-19パンデミックの発生と拡大は、2020年のフッ化水素ガス検知市場にマイナスの影響を与え、検知機器の出荷が減少しました。その結果、収益が減少し、2020年前半、市場の成長率は低く留まり、この傾向は2021年の第1四半期まで続きました。

COVID-19以降、政府の規制が厳格化したため、化学、半導体、製薬業界でフッ化水素ガス検知装置の需要が増加し、同市場の安定した成長が見込まれています。

牽引要因:人体および環境の安全性に対する厳しい規制

フッ化水素ガス検知市場の成長には、政府の規制が重要な役割を果たしています。フッ化水素は非常に毒性が強く、腐食性があるため、人の健康や環境に悪影響を及ぼします。人命と環境を守るために、米国労働安全衛生局(OSHA)、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)、米国環境保護庁(EPA)などの行政機関は、フッ化水素とその検出装置の製造と使用を規制する一定のガイドラインを定めています。OSHAは、その公布と施行を担当しています。OSHAの指示による、フッ化水素の許容暴露限界(PEL)は8時間の時間加重平均(TWA)で3.0ppmです。NIOSHには健康と安全の基準を推奨する責任があり、その指示により、フッ化水素の推奨暴露限界(REL)は8時間TWAとして3.0ppm、15分間の短期暴露限界(STEL)として6.0ppmが設けられています。EPAは米国連邦政府の独立行政法人であり、環境保護に関する業務を行っています。この機関は、フッ化水素に対する労働者の急性暴露ガイドライン(AEGL)に関するガイドラインを作成しています。ガイドラインによると、フッ化水素のAGEL-1は8時間TWAで1.0ppm、AGEL-2は8時間TWAで12.0ppm、AGEL-3は8時間TWAで22.0ppmとなっています。すべてのメーカーとエンドユーザー業界は、これらの当局が定めた規制に従う必要があり、化学、製油、製薬などのエンドユーザー産業は、採用している安全対策、フッ化水素ガスの漏洩による危険な状態への対処法、工場内で漏洩したガスの量などに関するデータをEPAに提出することが求められています。このような規制の導入により、さまざまなエンドユーザー産業におけるフッ化水素ガス検出装置の需要が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]