機能性化粧品の市場規模、2026年に41億米ドル到達予測

機能性化粧品の市場規模は、2021年の32億米ドルからCAGR5.2%で成長し、2026年には41億米ドルに達すると予測されています。多機能成分への需要の高まりや、アンチエイジング、美白、日焼け止めなどの需要の加速などの要因が市場の主な推進要因となっています。また、男性用化粧品へのシフトが、市場の大きな成長機会となっています。欧州は、機能性化粧品の世界的な主要市場であり、同時に、最も急速に市場が成長している地域でもあります。一方、アジア太平洋地域は、世界市場における第2位の市場であり、北米がそれに続きます。

COVID-19の機能性化粧品市場への影響

COVID-19パンデミックにより、機能性化粧品市場は、世界的なサプライチェーンの混乱や原油価格の下落などの影響を受け、マイナス成長となりました。このような状況は、化粧品業界全体の需要が減少したことに起因しています。機能性化粧品市場では、欧州が金額ベースで最大の地域となっています。

アジア太平洋地域では、インド、バングラデシュ、スリランカ、中央アジアなどの南アジア諸国で化粧品の使用量が減少し、機能性化粧品の需要が減少しました。アジア太平洋地域の機能性化粧品市場では、中国が大きなシェアを占めていますが、当初はパンデミックの影響を大きく受けました。何百万人もの人々が隔離されたため、中国に依存するすべてのサプライチェーンが停止してしまいました。また、中国のほとんどの主要都市で渡航禁止や監禁措置がとられたため、中国での石油の生産量が減少しました。さらに、労働力にも影響が出ており、深圳や上海などの多くの港が閉鎖されています。その後、3ヶ月間の封鎖期間を経て、中国は回復の兆しを見せています。ほとんどの企業が操業を再開しており、機能性化粧品の需要が期待されています。

牽引要因:多機能性成分の需要増加

機能性化粧品とは、化粧品のスキンケア製品に配合され、その機能を向上させる特殊な化学物質です。機能性化粧品には、アンチエイジング剤、角質除去剤、コンディショニング剤、UV剤などの成分が含まれています。また、フェイシャルおよびボディクリーム、ローション、マスク、シャンプー、染料など、さまざまなスキンケア製品やヘアケア製品にも使用され、製品の最終的な価値を高めます。

持続可能性を追求し、化粧品の処方に使用される化合物の削減が求められています。また、機能性を向上させ、1つの製品で複数の効果を得たいという要求が非常に高まっています。例えば、多機能製品として宣伝されているBB(Blemish Balm)クリームは、アンチエイジング、美白、日焼け止めなど、様々な肌関連の問題に対応できると謳われています。BBクリーム、CCクリーム、DDクリームから、日焼け止め効果のあるUVA/UVBクリームまで、2つ以上の悩みを同時に解決する製品の需要が高まっています。消費者は、紫外線の有害な影響を認識しているため、日焼け止め機能を備えたスキンケア製品を求める傾向があります。

機能性化粧品は、そのような製品の需要が高まっていることから、需要の増加が期待されています。欧州、中東・アフリカ、アジア太平洋地域では、人々は一つの製品・成分から複数の効果を得ることを期待しています。また、美白化粧品を使用する人の数は継続的に増加しており、多機能製品の成長につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]