医療用粘着テープの市場規模、2026年に115億米ドル到達予測

医療用粘着テープの市場規模は、2021年の86億米ドルからCAGR6.1%で成長し、2026年には115億米ドルに達すると予測されています。市場成長の要因として、手術件数の増加、糖尿病の発症率の増加、外来手術センターの増加などが挙げられています。

COVID-19の医療用粘着テープ市場への影響

医療用粘着テープのバリューチェーンは、COVID-19の発生により様々な混乱を経験しました。この混乱は、原材料メーカーなどの業界が閉鎖されサプライヤーが不足したことに起因しています。さらに、世界各地で実施された国際的および地域的な道路規制によって悪化しました。その結果、PVCや紙を含む原材料の価格が一時的に10%から50%上昇しました。

また、医療業界では大きな混乱が生じ、世界各地で医療インフラがひっ迫し、医療用粘着テープの需要が大幅に増加しました。

牽引要因:外科処置および手術の増加

外科手術は切開や切断を伴うため、創傷の主な原因となります。また、手術の前後には、患者にカテーテルや輸液を行う必要があります。創傷被覆材や輸液ラインを固定し、傷を治療するために医療用粘着テープは使用されるため、手術件数の増加に伴う需要が増加しています。

抑制要因:原材料価格の変動

医療用粘着テープメーカーが製品のコスト構造を決定する際に考慮しなければならないのは、原材料の価格と入手のしやすさです。医療用粘着テープの製造に使用される原材料には、ゴム、アクリル、シリコーン、紙、接着剤、剥離ライナーなどがあります。これらの原材料のほとんどは石油由来のものであり、商品価格の変動の影響を受けやすくなります。石油価格は、世界的な需要の増加や中東の情勢不安などにより、大きく変動しています。原材料のコストと入手可能性の不確実性は、市場の成長に影響を与えます。

接着剤業界は、製造コストの上昇に伴うエネルギーコストの増加により影響を受けています。世界的に一貫して増加している化学物質の需要と、これらの一次化学物質や樹脂原料の供給能力の制約が、原材料価格の上昇を促しています。接着剤原料に使用されるピペリレンやC9モノマーなどの供給不足が、原材料のコストを上昇させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]