スマートメーターの市場規模、2026年に302億米ドル到達予測

スマートメーターの市場規模は、2021年の196億米ドルからCAGR9.0%で成長し、2026年には302億米ドルに達すると予測されています。スマートメーターの導入は着実に進んでおり、堅調な成長を示しています。

COVID-19のスマートメーター市場への影響

COVID-19により、2020年前半に各国がロックダウンの実施を余儀なくされたため、スマートメーター市場の成長が制限されています。政府や地方自治体からは厳しいガイドラインが示され、必要のない業務はすべて停止させられました。これにより、エンドユーザーの産業の発展に焦点が当てられなくなり、スマートメーターに悪影響を与えました。また、第2四半期には、生産やサプライチェーンの遅延が発生し、スマートメーター事業にとっての課題となりました。

推進要因:電力網のデジタル化に対する政府の支援政策と財政的インセンティブ

スマートメーターの市場は、主に政府によるスマートメーター設置の義務化とインセンティブによって牽引されています。米国国際貿易委員会によると、電力会社は、政府の指令やインセンティブがないと、スマートメーター技術への投資に消極的です。これは主に、電力会社の資本支出能力が限られているためです。さらに、電力会社はスマートメーター設置のメリットを数年間認識できていない可能性があり、政府のインセンティブがない場合は投資の魅力に欠ける現状があります。スマートメーターやスマートグリッドを効果的に導入するために、各国政府は支援政策や義務を制定しています。

ネットゼロ目標や再生可能エネルギー利用は、その印象的な計画から、エネルギー企業の投資のきっかけとなることが期待されています。国際エネルギー機関(IEA)によると、世界的にデジタルグリッドインフラの構築や改善への投資が増加しています。スマートメーターはこのインフラの一部であり、市場の成長を後押しするものと考えられます。

抑制要因:従来型メーターからスマートメーターに切り替えるためのコストの高さ

スマートメーターのインフラを整えるための初期投資は、従来のメーターに比べて高く、投資収益率を達成するためには長い時間がかかります。また、莫大な資金を必要とすることは、エネルギー消費者と公益事業者の双方にとって大きな課題となっています。プロジェクト全体が電力会社の計画に基づいて展開されるため、資金調達が大きな課題となっており、スマートメーター機器の相互運用性の問題、ソフトウェアソリューションの統合やアップグレードの必要性、メンテナンスや修理の複雑さなども、運用コストの増加につながります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]