プッシュツートーク(PTT)の市場規模、2026年に452億米ドル到達予測

プッシュツートーク(PTT)の市場規模は、2021年の292億米ドルからCAGR9.1 %で成長し、2026年には452億米ドルに達すると予測されています。インフラ管理や都市監視のためのIoT技術の導入や、都市人口の急激な増加など、さまざまな要因がプッシュツートークのハードウェア、ソリューション、サービスの採用を促進することが考えられます。

COVID-19がプッシュツートーク市場に与える影響

COVID-19の発生により、市場や顧客の行動から経済や社会に到るまで、大きな影響が及びました。医療、通信、メディア・エンターテイメント、公共事業、政府の各部門は、状況を安定させ、すべての人に必要なサービスを提供するよう日々機能しています。特に通信業界は、COVID-19の流行下において、各国のデジタルインフラを支えるために、世界的に重要な役割を果たしています。

富士通のグローバルデジタルトランスフォーメーション調査によると、オフラインの組織はより多くの損害を受けたのに対し、オンラインの組織はオンライン需要の伸びと収益の増加を目の当たりにしました。オンライン組織のビジネスリーダーの69%が、2020年のビジネスにおいて収益の増加を目撃したと回答しています。一方、オフライン組織の53%は収益が減少したと回答しています。

牽引要因:LMRシステムのアナログからデジタルへの移行

デジタル化された製品は、堅牢な通信と高い周波数効率を実現し、M2M(Machine to Machine)やIIoT(Industrial Internet of Things)などのハイエンドアプリケーションに対応することが可能です。また、デジタル化されたミッションクリティカルなLMR(陸上移動無線)システムを活用することで、産業界はM2Mアプリケーションを含む音声およびデータサービスを、サービスエリア全体をカバーする信頼性の高いネットワークでサポートすることができます。

LMRは、特定の場所でのプライベートネットワークを介したPTT通信のために明確に開発された最初の技術で、現在広く使用されています。DMR(Digital Mobile Radio)、P25(Project 25)、TETRA(Terrestrial Trunked Radio)、NXDNなどの最新のLMR技術は、オープンスタンダードなアーキテクチャに基づいており、デジタルであるため、標準的なIPネットワーク上で動作することができます。これらのアナログ技術により、LMRは音声に加えて一定量のデータを伝送することができます。LMR通信は、LMR機器の堅牢性と、LMR無線機やネットワークに組み込まれた数多くのフェイルセーフオプションに基づく信頼性で高い評価を得ています。LMRシステムが広く使用されていることに加え、デジタルLMRへの移行や、音声とデータの両方のサービスをサポートしていることから、企業はLMRを拡張するためにブロードバンドPTTを費用効果の高い方法で活用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]