環境モニタリングの市場規模、2026年に179億米ドル到達予測

環境モニタリングの市場規模は、2021年の145億米ドルからCAGR4.5%で成長し、2026年には179億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因は、企業の事業再編やCOVID-19の影響からの回復、環境汚染に対する一般市民の意識の高まり、大気中のPM2.5レベルの上昇などが挙げられます。さらに、政府が汚染監視基準の遵守を重視するようになったことも、環境モニタリング市場のプレーヤーに成長の機会を提供すると考えられます。一方、製品コストの高さや、新興国や低開発国の市場で微粒子分析装置の使用が限られていることが、環境モニタリング市場の成長を妨げる要因になると考えられます。

COVID-19の環境モニタリング市場への影響

物流の問題、疾患を持つ患者の管理、併存疾患や既往症のある患者の優先順位付け、病院など現場で働く人を感染症への曝露から守ることは、医療システムが直面する重要な課題です。多くの病院では、感染の拡大を抑えるために様々な隔離方法を実施しています。

移動の制限や社会・経済活動の大幅な鈍化により、都市では大気の質が改善され、世界各地で水質汚染が減少しています。一方、フェイスマスク、ハンドグローブなどPPE機器の使用量の増加、病院廃棄物の発生などにより、環境への悪影響も心配されます。

環境モニタリング市場の成長の要因は、環境センサー、大気と温度センサーなどの、家電製品および政府・公共事業部門への導入が進んでいること、などが挙げられます。

環境データを長期間モニタリングすると、センサーの寿命が短くなることがあります。環境モニタリングデバイスは、住宅や商業施設、企業、政府施設など様々な垂直方向の環境要因を監視し、セキュリティや安全性を維持するために広く使用されています。しかし、そのためには、データを取得して安全警告を発するための長期的または継続的なモニタリングが必要です。一方、継続的な監視は、機器の品質や性能効率を低下させ、その結果、機器の寿命を縮めてしまいます。これらの要因により、様々な業種でデバイスの導入に消極的になる可能性があります。

牽引要因:効率的な天然資源管理の必要性の高まり

天然資源管理(NRM)とは、土地、水、空気、鉱物、森林、漁業、野生動植物など、主要な天然資源を持続的に利用することです。ほとんどの国の経済は、化石燃料、金属、非金属鉱物、バイオマスなどの物質的資源、水、土地などの天然資源に収益を依存しています。天然資源を持続的に利用してその生産性を高め、枯渇率を低減することは、環境と経済成長の双方にメリットがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]