ストーマ・オストミーケアの市場規模、2026年に32億米ドル到達予測

ストーマ・オストミーケアの市場規模は、2021年の26億米ドルからCAGR4.3%で成長し、2026年には32億米ドルに達すると予測されています。対象患者数の増加、炎症性腸疾患の有病率の上昇、高齢者人口の増加、認知度の向上、技術の進歩、先進国での有利な償還制度などが、市場の成長を促進する主な要因となっています。一方で、オストメイト用バッグの使用に伴う不快感や、代替治療法の普及が、同市場の成長を制限しています。

COVID-19ストーマ・オストミーケア市場への影響

ウイルスのRNAは消化管分泌物や糞便から検出されており、糞便がウイルス感染の更なる潜在的な経路となっています。そのため、患者、ストーマ専門看護師、介護士には、適切な手洗い、消毒液の使用、個人防護具の使用が徹底されました。さらに、腸内物質の偶発的な流出を防ぐために、安全なロックシステムを備えた便収容袋が推奨されました。COVID-19陽性のストーマ患者では、利用可能な場合、処置中に陰圧室を検討しました。

COVID-19のパンデミックを受けて、病院での大腸がん患者の診断・治療率は持続的に低下しています。このようなパンデミック時の大腸がん治療の大幅な遅れは、業界の成長に悪影響を及ぼしました。また、韓国、中国、米国、ドイツでは、パンデミックの影響でほとんどの手術が延期され、サプライチェーンの制約(国境での制限)は、企業は短期的な運営上の問題に直面しました。

一方、イギリスとアイルランドの36の病院で行われた調査によると、97.1%の病院が、電話によるトリアージで患者管理を継続し、対面での診察を避け、ウイルスへの曝露を抑えながら、事業の継続を確保していました。このように、大腸がん患者の治療方法が大幅に変更されたことに加え、厳格なロックダウンが徐々に緩和されたことで、今後、ストーマケア処置の提供にメリットがあると期待されています。

外科手術に関連する製品を提供するEコマースサイトの存在が、製品の販売を促進する可能性があります。Amazon、Stomabags、Express Medical Supply Inc.は、製品やアクセサリーの大幅な割引、保証、迅速なカスタマーサービスをEコマースサイトで提供しています。

牽引要因:対象患者の増加と炎症性腸疾患の蔓延

大腸がん、膀胱がん、炎症性腸疾患は、オストメイト手術を必要とする主な疾患です。大腸がんや炎症性腸疾患(IBD)の治療では、悪性腫瘍の処置で腸の一部を外科的に切除します。また、一般的にオストメイトと呼ばれる、排泄のための新たな経路を確保するために、腹部に手術用の開口部を設ける場合もあります。これらの疾患の発生率が急増していることに加え、食習慣の変化や子供の頃の抗生物質の使用量の増加など、リスク要因にさらされる機会が増えていることから、世界的にオストメイト手術の件数が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]