資産保全管理の市場規模、2026年に257億米ドル到達予測

資産保全管理の市場規模は、2021年の203億米ドルからCAGR4.9%で成長し、2026年には257億米ドルに達すると予測されています。 政府が定めた厳格な安全規制や品質管理要件、気候変動などが様々な産業の操業に影響を与え、資産保全管理市場を牽引しています。

COVID-19が資産保全管理市場に与える影響

パンデミックは、世界中の産業に影響を与えており、石油・ガス産業も例外ではありません。世界の石油製品消費量は、渡航制限や経済の減速により大幅に減少しました。石油・ガス業界の危機は、その収益に依存している複数の労働者や地域社会に大きな影響を与えています。業界関係者は、石油価格競争、需要の減少、事業の安定性、従業員の安全性などに苦慮しており、長期的な回復力につながる柔軟なビジネスモデルの開発に注力する必要があります。

COVID-19パンデミックにより、産業部門の電力需要は大幅に減少しました。各国政府は、事業活動の縮小を余儀なくされ、工場全体の資産の点検や修理作業は保留となり、優先度の高い生産関連の資産のみが優先されています。在宅勤務や社会的距離の確保の緩和は、現時点で、点検・修理作業の滞留を増大させる結果となっています。さらに、資産検査管理サービスプロバイダーは、より少ない人員で資産検査を行うことを余儀なくされています。一方、遠隔検査や遠隔コラボレーションなどの主要なデジタル戦略を採用することで、組織は安全で生産性の高い資産を維持できるようになると予想されます。

牽引要因:気候変動による操業障害の発生

一定期間の気候変動は、石油・ガスや電力産業の操業に大きな影響を与えます。業界や政府の多くは、気候適応計画の必要性を認識し、全体的なリスク管理に組み込むようになっています。大きな失敗や危険な事故を避けるためには、リスクプランニングの際に気候変動を考慮する必要があります。石油・ガスや発電プラントの資産をリスクベースで検査することで、予測される気候変動に伴うリスクや、過去にそのような変化によって引き起こされた損害を理解することができます。資産保全管理サービスは、意思決定者がリスク管理戦略を計画するのに役立つため、気候変動がプラントの操業に与える影響を軽減することができます。

抑制要因:初期費用の高さと導入の難しさ

資産保全管理サービスは、資産のライフサイクル全体を監視するために使用され、故障や事故を避けるためのメンテナンス活動に役立ちます。資産保全管理サービスに必要なシステムの導入は複雑で、短期的な利益と長期的な利益との間のトレードオフを慎重に検討する必要があります。これらのソリューションを導入は、利害関係者の期待を根本的に見直し、一貫したスケーラブルな方法によって、資産の重要性と価値を判断する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]