ロイヤルティ管理の市場規模、2026年に182億米ドル到達予測

ロイヤルティ管理の市場規模は、2021年の86億米ドルからCAGR16.3%で成長し、2026年には182億米ドルに達すると予測されています。市場の主な成長要因としては、オムニチャネルやマルチチャネルプログラムの導入の増加、技術の進歩、競争上の差別化の必要性などが挙げられます。

COVID-19がロイヤルティ管理市場に与える影響

COVID-19の発生は、ロイヤルティ管理市場の成長に中程度の影響を与えています。このパンデミックは、運輸・物流、製造業、観光・接客業に大きな影響を与えましたが、小売業、教育機関、政府機関への影響は軽微です。銀行や金融機関は営業停止により顧客の足が遠のき、また、自動車産業などの操業も大きな支障が生じました。企業は、パンデミックを顧客のロイヤルティとその維持に対するアプローチを再考する機会ととらえ、変革をとげようとしています。

牽引要因:ロイヤルティ管理モバイルアプリケーションの登場

テクノロジーは、従来のビジネスを変え、デジタル技術の進化は、ビジネスの世界展開を可能にしました。さらに、モバイルアプリケーションは、オンラインビジネスの未来を変え、タッチポイントを使ったマーケティングプロモーションを可能にしました。ロイヤリティプログラムにおけるアプリの活用は、従来の報酬システムを効果的に置き換えます。製品の購入による、ポイント、特別オファー、割引、早期アクセスなどの顧客に提供される報酬は、収益性の向上に大きな役割を果たします。

抑制要因:厳格な政府規制

2018年5月25日に一般データ保護規則(GDPR)が施行され、企業にとって、この規制がビジネスポリシーにどのような影響を与えるかを理解することが不可欠となりました。ロイヤルティ管理プログラムは、消費者データを収集する最も効果的な方法であり、同時に、GDPRのコンプライアンスを満たすことが重要です。ロイヤリティプログラムの運営の際、GDPRに関わる要因としては、個人データの定義、同意、パートナー、ビジネスコミュニケーション、情報の引き出しなどがあります。企業の収益に大きなペナルティが課せられる恐れがあるため、データ保護ポリシーに従うことは、コンプライアンスに関する最も重要な要因です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]