自動運転車の市場規模、2030年に6,240万台到達予測

自動運転車の市場規模は、2021年の2,030万台からCAGR13.3%で成長し、2030年には6,240万台に達すると予測されています。同市場の成長は、運転支援システムへの需要の高まりと、より安全な運転を実現するための安全性の義務化が要因となっています。

安全機能は、世界中の自動車ユーザーにとって重要な前提条件です。各国政府は、車線逸脱警告(LDW)や自動緊急ブレーキ(AEB)などの機能の搭載を義務付けており、新技術や自動運転車への道を開いています。そのため、ドライバーをサポートし、事故の数を減らすために、さまざまなタイプの安全機能が開発されています。ロボタクシーの出現は、自動運転車の主要な収益源の1つになると予想されています。

自動運転車の主要な戦略は、ADAS(先進運転支援システム)機能の開発です。Ford(米国)、General Motors(米国)、Daimler(ドイツ)、トヨタ(日本)などの企業が、ADAS技術を開発しています。これらの企業は、レベル2およびレベル3の自律性を達成した自社の自動車を用いて、さまざまなADAS機能を搭載しています。同時に、ブラインドスポット情報システム、レーンキーピングシステム、インテリジェント・アダプティブ・クルーズ・コントロールなどの先進的な機能を備えた多様な製品ポートフォリオを提供しています。このように、ADAS機能の採用は、自動運転車の採用をより促進しています。

COVID-19による自動運転車市場への影響

COVID-19の影響による生産の停止や売上の急減により、自動車分野の主要企業は戦略の修正や変更を余儀なくされています。モデルやプロジェクトの開始時期の変更、ディーラーネットワークの安定化、資金管理、投資ポートフォリオの見直しなどが、乗用車および商用車の生産と販売に影響を与えています。自動運転車の開発、テスト、展開と技術の進歩が鈍化しています。世界中の製造拠点が閉鎖され、自動車販売に大きな影響が及びました。その後、販売や投資はすでに再開されており、長期的な視点で見れば、大きな影響には至らないとの見方もあります。

牽引要因:自動運転用のAIベースのカメラシステムの導入

アダプティブクルーズコントロール、アダプティブヘッドランプコントロール、交通標識認識、前方衝突警告、歩行者検知、自動ブレーキなどの安全機能を提供するAIベースのカメラシステムの開発および導入に、多くのTier1サプライヤーや自動運転車開発者が注力しています。AIカメラシステムの利点は、コスト削減、補完的技術による安全性、およびコンパクトなフォームファクターです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]