段ボール箱の市場規模、2026年に808億米ドル到達予測

段ボール箱の市場規模は、2021年の676億米ドルからCAGR3.6%で成長し、2026年には808億米ドルに達すると予測されています。ダンボール箱市場は、電子商取引分野、食品・飲料産業、電子産業、工業分野での需要の増加と、発展途上国での可処分所得の増加により、高い成長を見せています。また、消費財やその他の最終用途での採用の高まりも市場を牽引しており、今後、段ボール箱の需要を促進する主な要因となります。

COVID-19が段ボール箱市場に与える影響

COVID-19パンデミック発生後、包装業界は不況による悪影響を受けました。パンデミック前後の原材料価格の予期せぬ下落と不確実性は、ソリューションメーカーにとって世界的な関心事となっています。一方、パンデミック後の電子商取引が大幅に増加しており、その売上高は、大きく跳ね上がっています。欧州における電子商取引の年間成長率は約20%と予測されています。

牽引要因:中欧・東欧におけるオンラインショッピングの増加に伴う持続可能性

COVID-19の流行により、中欧・東欧の消費者の約45%がオンラインショッピングを選択するようになっています。この分野の調査では、新しくオンライン購入を選択した消費者は、その後、オンラインショッピングを継続することが予測されています。中欧・東欧の人々の約80%が、包装に使用される段ボール箱に持続可能なアプローチと環境に優しい素材を取り入れていることを評価しています。また、77%の消費者が、オンラインショッピングにサステナブルな段ボールパッケージソリューションを使用しており、57%の消費者は、カスタマイズ可能で、かつ持続可能な段ボールパッケージソリューションにより高い金額を支払うことを望んでいます。オンラインビジネスは、COVID-19パンデミックの後に盛り上がりを見せ、持続可能な製品の使用に対する人々の関心を加速させています。

抑制要因:フレキシブルプラスチックパッケージとの競合

フレキシブルプラスチックパッケージは、メーカーや小売業者にとって、パッケージの重量を減らすことで輸送や倉庫のコストを削減し、スペースの大幅な削減を実現する点で最高のメリットをもたらします。消費者にとっては、1回分ごとに開封できる利便性があり、レトルトパウチに入った食品は、従来のブリキ缶のものよりも美味しく感じられます。また、フレキシブル包装は、硬質包装に比べて、包装全体のコストを40%削減し、埋め立て廃棄物を50%、温室効果ガス(GHG)の排出量を62%削減することができます。利便性、携帯性、コスト削減、持続可能性、健康面などのメリットにより、製品包装メーカーや包装加工業者は、標準的な硬質素材からフレキシブル素材への移行を進めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]