短波赤外線の市場規模、2027年に2億7,700万米ドル到達予想

短波赤外線 (SWIR)の市場規模は、2021年の1億6,600万米ドルからCAGR8.9 %で成長し、2027年には2億7,700万米ドルに達すると予想されています。短波赤外線市場は、主に軍事・防衛分野でのSWIRカメラの使用が増加していることから、過去数年間で大きな成長を遂げています。

COVID-19の短波赤外線市場への影響

短波赤外線市場は、セキュリティ、監視、モニタリング、検査などの用途で、産業界と非産業界の両方で短波赤外線技術が採用されていることから、過去数年間で大きな成長を遂げてきました。しかし、COVID-19パンデミックにより、短波赤外線市場の成長率は低下しています。その主な要因の一つは、工業プロセス監視、工業炉監視、太陽電池検査、検査選別、ドライバーの視覚向上など、さまざまな用途でのSWIRカメラの需要が減少したことです。パンデミックにより、企業や世界経済に深刻な混乱が生じたため、SWIRカメラの導入が制限され、生産量やビジネスへの投入量が大幅に減少しました。

推進要因:軍事・防衛分野におけるSWIRカメラの普及率の上昇

SWIRカメラは、霧、煙、霞、水蒸気などの過酷な環境下でも見通すことができるため、海洋情報、監視、視覚の強化など多くの用途で使用されており、軍事・防衛分野でのSWIRカメラの普及が進んでいます。また、長波長赤外線(LWIR)や中波長赤外線(MWIR)カメラとは異なり、昼夜を問わず車両のフロントガラスを見通すことができることや、爆発物と非爆発物を識別することができることから、SWIRカメラの特殊作戦車両への応用も広がっています。さらに、低照度や暗視画像、人間の目に安全な照明、遠くからターゲットをカバーして認識する能力、そして照明源がない場合でも画像を見ることができる隠密照明の機能により、軍事・防衛分野でのSWIRカメラの採用が増加しています。

抑制要因:SWIRカメラの輸出入に関する厳格な規制

SWIRカメラの製造・販売には厳しい規制があるため、対象となる国によっては、輸出入が困難になる可能性があります。米国国務省が施行しているITAR(International Traffic in Arms Regulations)により、制限されたSWIRカメラを米国内で販売するには商品管轄権の承認が必要となり、赤外線カメラのメーカーは、輸出許可を得ずに米国内外の個人や団体と製品を交換することが禁じられています。これらの規制に違反した場合、罰則の対象となります。また、製造業者だけでなく、販売業者が赤外線カメラを取り扱う際にも、商品管轄の承認が必要となり、米国内でのSWIRカメラの売買に関わるコストはさらに複雑化し、追加されることになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]