クリーンルーム技術の市場規模、2026年に96億米ドル到達予測

クリーンルーム技術の市場規模は、2021年の71億米ドルからCAGR6.2%で成長し、2026年には96億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、殺菌された医薬品製剤の需要の増加、医療機器の需要の増加が主な要因となっています。クリーンルームの技術的進歩に加え、発展途上国におけるクリーンルーム技術の需要の高まりは、今後の市場成長に大きなチャンスをもたらすと考えられます。一方、発展途上国では、運用コストに関連する技術的な制約や、クリーンルームの設計をカスタマイズする際の技術的な課題が、市場の成長を一定程度妨げています。

COVID-19によるクリーンルーム技術市場への影響

クリーンルーム技術市場は、今後2年間でおよそ7~8%のCAGRで成長すると予想されています。COVID-19パンデミックに端を発した世界的危機により、製薬業界では、研究者、規制当局、受託研究会社による、診断、治療、ワクチンの開発が急ピッチで進められており、品質、安全性、有効性の確実な維持のために、クリーンルーム技術とそのサービスが重要な役割を果たしています。

また、医療業界では、診断テスト、個人用保護具(PPE)、医療用人工呼吸器、その他の重要な医療用品に対する需要が急増しています。感染症の危険性に直面している医療従事者(HCP)は、具体的かつ効果的なケアを、多くの場合、遠隔で提供するという難しい課題に直面しています。

COVID-19の患者数が急速に増加しているため、病院のシステムが対応しきれなくなっており、製薬業界にも大きな負担となっています。さらに、長い間、臨床試験の実施地域であった中国は、ロックダウンや症例の再発により、多大な影響が及んでいます。

牽引要因:バイオロジクス分野の成長

バイオテクノロジー産業は、ライフサイエンスの成長に大きく貢献している産業の一つです。ここ数年、ヘルスケア業界では、いくつかの生物学的分子が出現しています。さらに、新薬開発研究は生物学的製品に大きく焦点を当てており、過去10年間で、200種類以上の生物学的製剤が米国FDAによって承認されました。生物医薬品業界では、腫瘍、糖尿病、その他の疾患分野における新たな治療法として新しいクラスの治療薬が登場しています。現在、数百種類のモノクローナル抗体、ワクチン、生物製剤が臨床開発されています。新薬の承認が早ければ早いほど、その製造に必要なクリーンルームの需要が高まります。また、生物製剤の多くは病原性があるため、製造時には無菌状態を維持することが不可欠です。そのため、クリーンルームは生物製剤の製造に欠かせない要素となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]