薬物スクリーニングの市場規模、2026年に116億米ドル到達予測

薬物スクリーニングの市場規模は、2021年の53億米ドルからCAGR16.8%で成長し、2026年には116億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、薬物やアルコールの消費量が増加していること、検査を義務付ける厳格な法律が施行されていること、薬物スクリーニング製品やサービスに対する規制当局の承認が増加していることに起因しています。一方で、イスラム諸国におけるアルコール摂取の禁止や、特定の国における職場での薬物検査の禁止などが、市場の成長をある程度妨げる可能性があります。

COVID-19による薬物スクリーニング市場への影響

COVID-19による、ビジネスや経済活動への混乱は、医療施設/治療センター、ハームリダクションサービスプロバイダーに対しても制限や利用不可が課される可能性があり、薬物スクリーニング市場へのマイナスの影響が考えられます。医療システムへの負担を軽減し、病気の感染を減少させるために、各国政府は、必要のない医療や外科手術などの延期に向けたガイドラインを提案しました。また、旅行、業務、集会、避難所などでも制限や閉鎖が行われており、市場の成長にさらなる影響を与えています。世界的なロックダウンや産業の一時的な閉鎖が発表され、製造、生産、ビジネスの発展に深刻な影響を与えています。貿易障壁は、需要と供給のギャップにさらに悪影響を与えており、薬剤スクリーニング市場に参入している企業は、サプライチェーンの混乱、需要の減少、顧客の操業停止などを目の当たりにしています。

牽引要因:増加する薬物とアルコールの消費

薬物乱用とアルコール消費は世界的に増加しています。World Drug Report 2021によると、2019年には、世界の15~64歳の推定2億7,500万人、すなはち相当する年齢層の18人に1人が、過去1年間に少なくとも1回は薬物を使用したことがあると報告されています。2019年には、世界人口のほぼ13%に当たる3,630万人が薬物使用障害に苦しんでいると推定されており、同じ年に薬物使用により約50万人が死亡し、オピオイドを代表とした薬物使用障害により1,800万人の健康であった命が失われました。 アルコールの消費量も同様に増加しており、その結果、自動車の運転障害の発生率が上昇しています。違法薬物やアルコールの消費量の増加は、薬物スクリーニング製品・サービスの開発を促進し、市場全体の成長をもたらします。

抑制要因:職場での薬物検査の禁止事項

カナダ、コロンビア、アルゼンチン、チリ、南アフリカなどの一部の国では、職場での薬物・アルコール検査は従業員のプライバシーを侵害するものと考えられています。例えば、フランスでは、医師が検査を推奨した場合にのみ、雇用前の薬物検査が実施されます。ポーランドとチェコ共和国では、職場での薬物・アルコール検査は禁止されています。カナダでは、東部の判例法では、職場の業務が本質的に危険な場合や、少人数の特別なケースに限定される場合にのみ、薬物・アルコール検査を許可しています。このような各国の禁止事項は、検査の導入を妨げ、薬物・アルコール検査が市場全体の成長を抑制する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]