機密データの保護に向けた、トークン化の市場規模、2026年に56億米ドル到達予想

トークン化の市場規模は、2021年の23億米ドルからCAGR19.0%で成長し、2026年には56億米ドルに達すると予想されています。コンプライアンスを維持し、規制当局の報告基準を満たす必要性、金融詐欺の増加に伴う継続的な顧客体験の確保と詐欺防止レベルの維持の必要性の高まり、データ漏洩によるリスクの低減の必要性などが、トークン化市場の成長を促進する要因になっています。

COVID-19がトークン化市場に与える影響

COVID-19の発生により、世界各国ではウイルスの拡散を避けるために厳しいロックダウン、シャットダウン、移動制限が行われています。ベンダーは、2020年に向けて、トークン化ソリューションに対する高い需要を経験しています。国境の閉鎖、サプライチェーンの問題が、トークン化ソリューションのオンサイト展開の抑制要因となっています。非接触型決済は、コロナウイルスのパンデミックに対処するための安全性の確保とともに、ビジネスの推進を可能にするため、すべての企業にとって不可欠なソリューションとして浮上しています。現在、非接触型決済は、企業がCOVID-19パンデミックの悪影響を克服するための有効な手段と考えられており、WHOも、「可能な場合は、感染のリスクを減らすために非接触型の決済を利用することが望ましい」との見解を示しています。

牽引要因:トークン化によるデータ漏洩のリスク低減

犯罪者がクレジットカードやデビットカードを扱う企業を狙うのは、決済情報に豊富なインテリジェンスがあるからです。トークン化は、データ盗難による財務上の悪影響から企業を保護するのに役立ちます。万が一、情報漏えいが発生した場合でも、貴重な個人情報を盗むことはできません。クレジットカードのトークン化は、POSマシンや社内システムにクレジットカード番号を実際に保存する必要がないため、オンラインビジネスでは、データの取得から保存まで、データセキュリティの向上に役立ちます。

抑制要因:トークン化の導入による不正防止の複雑さの増大

トークン化の実装では、トークンを作成し、クレジットカードやデビットカードの実際の値をトークン保管庫に保存します。ストレージ容量の増加に伴い、トークン化の管理の複雑さも増しています。COVID-19の発生後、世界的にオンライン決済の利用が急増しており、オンラインチャネルへの依存度が高まったため、サイバー攻撃者の格好の標的となっています。トークン化を導入した後、最適化された不正ルールセットの一部として、効果的なリアルタイムスクリーニングを行うためには、各取引に関するいくつかの要因を理解・分析することが重要です。そのためには、発行者、カードの種類、発行国などの詳細を定義した銀行識別番号(BIN)を保持する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]