ストリーミングアナリティクスの市場規模、2026年に501億米ドル到達予測

ストリーミングアナリティクスの市場規模は、2021年の154億米ドルからCAGR26.5%で成長し、2026年には501億米ドルに達すると予測されています。ストリーミングアナリティクス業界では、デジタル化が進んだことで、ビッグデータ、IoT、AIなどの新技術が同市場の成長を牽引しています。さらに、正確なリアルタイム予測への戦略的なシフトと、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境によるデータ接続性の高まりは、市場の成長を加速させています。

COVID-19がストリーミングアナリティクス市場に与える影響

COVID-19は、世界経済において、生産や需要への直接的影響、サプライチェーンや市場の混乱、企業や金融市場への財務的影響の3つの点で多くの影響を及ぼしました。COVID-19の経済への影響を把握するために、ストリーミング分析の導入が進んでいます。

牽引要因:ビッグデータ、IoT、AIなどの新興技術が市場の成長を促進

IoTソリューションの採用が業界全体で高まっており、デジタル化の進展がストリーミングアナリティクスの需要を促進させることが予測されます。大企業や中小企業を問わず、デジタルソリューションの導入による機能性の向上とともに、プロセスを合理化して組織の生産性を高める傾向が強まっています。AI、IoT、ビッグデータ、M2M(Machine-to-Machine)通信、クラウド技術などの新興技術の継続的な開発により、ストリーミングデータから得られる情報に新たな可能性が生まれています。センサー、カメラ、その他の接続されたデバイスなど、IoTデバイスは、多くのソースから膨大な量のデータを生成します。しかし、これらのデータは、文脈に沿った実用的な情報に変換されなければ、それだけでは何の価値もありません。ビッグデータやデータの可視化技術は、バッチ処理やオフラインでの分析により、ユーザーが新たなインサイトを得ることを可能にします。リアルタイムのデータ分析や意思決定は手動で行われることが多く、拡張性を持たせるためには、自動で行われることが望まれます。データを継続的に分析するには、数秒またはミリ秒ごとにインサイトを実行するストリーミング分析ソフトウェアが必要になります。これは、各イベント、メッセージ、レコード、トランザクション、またはログエントリを、ビジネスの優先順位に応じて処理します。AIとビッグデータは、リアルタイムデータを分析し、IoTの複数のユースケースを導き出すためのフレームワークとツールを企業に提供します。

抑制要因:レガシーシステムとストリーミングアナリティクスソリューションの統合の欠如

競合他社からのプレッシャーや新たな規制により、企業は増加する大量なデータを効率的に処理する必要があり、これにはコストがかかります。ストリーミングアナリティクスを導入する際には、データの保存、分析、アクセスが問題となります。ビッグデータへの需要の高まりは、従来のリレーショナルデータベースの制約を超えているため、ほとんどの組織では、コンプライアンスの観点からも、レガシーインフラと新技術の評価が必要になっています。企業は、レガシーインフラとビッグデータの統合に困難を感じており、この統合をいかにうまく行うかということが、企業の課題になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]