業務用洗浄剤の市場規模、2026年に616億米ドル到達予測

業務用洗浄剤の市場規模は、2021年の481億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2026年には616億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、主に精製・石油化学産業や発電産業での使用が増加していることに起因しています。業務用洗浄剤市場の全体的な成長は、製造業・商業オフィス、ヘルスケア、小売・外食、自動車・航空宇宙、ホテル、食品加工・乳製品産業などのエンドユース分野の成長と密接に関係しており、これらの産業の成長と業績に重要な役割を果たしています。業務用洗浄剤の最大市場は北米で、次いでアジア太平洋地域および西欧となっています。これらの地域の先進国では、衛生に対する意識が高く、業務用洗浄剤市場の成長を促進しています。

COVID-19が業務用洗浄剤市場に与える影響

業務用洗浄剤市場は、パンデミックによる世界的なサプライチェーンの混乱により、中程度の影響を受けると予想されます。同市場は、製造業&商業オフィスや医療機関に大きく依存しています。

中国は主要な輸出国であり、工業生産国でもあります。同国の主要地域では厳しいロックダウンが行われ、国内の産業活動に影響を与えました。業務用洗浄剤の需要は、COVID-19の発生により、2020年第1四半期に大きく減少しました。その後、清掃活動の必要性や、小売業や食品の生産量の増加により、業務用洗浄剤の生産は強化されました。

北米と欧州もCOVID-19の影響を大きく受けており、今後2〜3年の間に米国、カナダ、イタリア、スペインなどの国で景気後退が予想されます。中国からの輸出が減少し、業務用洗浄剤ディーラーの利益率にも影響が及び、洗浄剤の価格が上昇することが予想されます。

牽引要因:COVID-19パンデミック後の最終用途産業からの需要の増加

清掃は、ヘルスケア、ホスピタリティ、および小売業界の成長とパフォーマンスにおいて非常に重要な役割を果たしています。これらの業界では、顧客との直接的な交流があるため、清潔さの確保に重点が置かれています。また、製造業、自動車産業、食品加工業では、衛生状態の改善は、製品の品質を高めるだけでなく、作業者の安全や生産性の向上にもつながります。これらの産業はいずれもプラス成長が見込まれており、業務用洗浄剤の需要を牽引することが期待されています。

COVID-19パンデミックの間、掃除の頻度やクリーニング製品の使用量が大幅に増加しています。消毒用スプレーやワイプ、表面やトイレの洗浄剤、手指の消毒剤などへの需要が高まっています。European Cleaning & Facilities Services Industry (EFCI)の2020年レポートによると、欧州のクリーニング業界全体の売上高は8%増の1,350億米ドルに達しました。欧州では、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国が、全体の収益の70%で最大シェアを占めました。続いてベルギー、オランダ、スウェーデンは年間45億米ドルを上回る収益を上げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]