ポリオレフィンパイプの市場規模、2026年に241億米ドル到達予測

ポリオレフィンパイプの市場規模は、2021年の186億米ドルからCAGR5.3%で成長し、2026年には241億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、主にAPAC(アジア太平洋)や南米などの新興国での建築・建設、農業、その他の産業の成長によってもたらされます。また、世界的にPE(ポリエチレン)の用途が増加していることも、市場の成長を後押しします。

COVID-19によるポリオレフィンパイプ市場への影響

PE、PP、プラストマーなどの各種ポリオレフィンパイプの生産は、3月中旬までは通常通り行われていたものの、COVID-19パンデミック以降、建設業界におけるポリオレフィンパイプの需要不足、労働力の不足、政府の規制による生産施設の閉鎖、出荷のための国際国境の閉鎖などの理由から状況が大幅に悪化している。

COVID-19は、建築・建設、農業、工業など、すべての最終用途の産業に混乱をもたらしており、ポリオレフィンパイプタイプの需要も大幅に減少しています。製造工場は、政府の規制や、需要不足のため、閉鎖を余儀なくされています。

また、COVID-19の拡散を防ぐために、輸出活動が大幅に減少しているため、空路、水路、陸路での輸送が世界各地で約3ヶ月間停止しました。これらの要因により、業界全体の発泡製品に対する需要が低下し、ポリオレフィンパイプ業界の市場規模、成長率、潜在的な投資額が縮小しました。

牽引要因:スプリンクラー灌漑やドリップ灌漑による良好な成長の可能性

スプリンクラー灌漑は、配管網に接続されたノズルから圧力をかけて水を散布する先進的な灌漑方法で、散布と分配の効率が高く、水の大幅な節約につながります。この灌漑方法は、第二次世界大戦後に開発が進み、欧米を中心に目覚ましい発展を遂げ、現在、灌漑面積の約45%を占めています。また、さまざまな開発が行われており、大口径のパイプを使えば、大量の水を伝送損失なしに送ることができます。PO管の市場は今後も成長が見込まれています。

PO管を利用した送水システムをスプリンクラーやドリップと組み合わせて作物に導入することで、同じ量の水でより広い範囲に灌漑設備を拡大することができます。パイプを使って水を運び、圧力をかけて灌漑する方法は、例えば、インドの水不足が深刻なグジャラート州やマハラシュトラ州で開発が始まっています。マハラシュトラ州政府は、水がパイプを通って運ばれ、ドリップまたはスプリンクラー方式で灌漑が行われる場合に限り、リフト灌漑計画を認可しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]