産業用窒素発生装置の市場規模、2026年に55億米ドル到達予測

産業用窒素発生装置の市場規模は、2021年の42億米ドルからCAGR5.4%で成長し、2026年には55億米ドルに達すると予測されています。加工食品分野での産業用窒素発生装置の需要拡大が市場を牽引しています。さらに、不衛生で不適切な包装による食品廃棄物の削減に対する意識の高まりも、同市場の成長を牽引しています。食品・飲料、輸送、製薬、製造、包装、石油・ガス、化学、パルプ・製紙などの様々な産業で使用される工業プロセスからの窒素ガス需要の増加や、APAC(アジア太平洋)、中東・アフリカ、南米などの新興国における都市化の進展も市場を牽引する要因となっています。

COVID-19による産業用窒素発生装置の世界市場への影響

産業用窒素発生装置は、食品・飲料、医療・医薬品、輸送、電気・電子、化学・石油化学などの業界で使用されています。COVID-19パンデミックにより、各分野の産業活動は、サプライチェーンの途絶、需要パターンの変化、その他の緊急措置に対処しなければなりませんでした。この危機的状況下で、収入や設備投資の減少が見られました。今後は、回復力を高めるための長期的な設備投資計画、職場での適切な衛生状態の維持、政府の財政支援、より良いサプライチェーン計画、適切なコミュニケーション、産業活動の再開などの対策により、収益を増加させ、成長を安定させることが期待されています。

食品・飲料分野では、オペレーションの不確実性、安全手順、サプライチェーンの混乱、緊急時の対応、継続的な状況認識、事故管理、ビジネスモデルや戦略の再構築、財政的なプレッシャー、デジタル化の進展など、様々な問題に対処しなければなりませんでした。運輸部門では、ロックダウンや人手不足により、自動車の生産が妨げられました。

牽引要因:食品・飲料業界での需要増加

産業用窒素発生装置は、食品・飲料業界で製品の包装や加工に使用されます。水分や酸素の存在は、食品に悪影響を及ぼします。窒素は不活性な空間を作り出すため、生鮮食品や飲料製品の長期保存に役立ちます。窒素ガスは、果汁、ビール、ワインなどの飲料の製造に広く使用されています。食品・飲料分野では、その利便性の高さから、食品包装での消費が増加しています。開封・持ち運びの容易さ、使い捨てパッケージなどの利便性の高さが、加工食品用の食品包装の革新を促しています。見た目の美しさと利便性という2つの側面が、食品包装市場における産業用窒素発生装置の利用を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]