フレキシブルペーパーパッケージングの市場規模、2026年に791億米ドル到達予測

フレキシブルペーパーパッケージングの市場規模は、2021年の644億米ドルからCAGR4.2%で成長し、2026年には791億米ドルに達すると予測されています。 フレキシブルペーパーパッケージは、その他の形態に比べて重量が軽く、コスト効率が高く、材料の使用量も少ないため、今後大きな成長が見込まれます。同市場の成長は、高い効率性とコスト効率の良さに起因しており、食品・飲料、パーソナルケア、ホームケア、ヘルスケアなど、汎用性の高い包装を必要とする産業に有用です。ただし、フレキシブルペーパーパッケージングの製造コストや設備投資の高さなどが、市場の成長を抑制する可能性があります。

COVID-19がフレキシブルペーパーパッケージ市場に与える影響

COVID-19パンデミックを受けて、市場の複数の企業が業界調査を作成し、そのパッケージングメーカー、材料サプライヤー、機械メーカーに与える影響についての指標を示しました。その結果、必要不可欠な産業は、95%に近い生産能力を保持しており、食品、飲料、ヘルスケアなどの業界では需要が増加しています。

牽引要因:コスト効率の良さと製品の保存性の向上

フレキシブルペーパーパッケージングは、包装に必要な資源やエネルギーが少なく低コストで、小売店の棚の占有面積も少なくて済むため、コスト効率が高い技術です。紙製であるため、天然資源や製造時のエネルギーの使用量が少なく、温室効果ガスの排出量も少なく済むのと同時に、包装した製品の廃棄を減らし、製品の保存期間を延ばす効果が期待できます。例えば、フレキシブルペーパーパッケージで包装されたマッシュルーム、ジャガイモ、タマネギは、余分な水分を吸収して乾燥状態を保つことにより、ゆっくりとしたペースで成熟が進みます。また、可能な限り最小限の材料で包装することができるため、製品の保護を維持または向上させながら、倉庫保管や輸送の費用を削減することができます。

抑制要因:リサイクル性の課題となる多層包装

紙はプラスチックよりもはるかに生分解性が高く、非常に簡単にリサイクルすることができます。一方、分解速度が遅く、同じ重さのプラスチックよりも大きなスペースを必要とするため、埋立地に取り残されることが多い素材です。また、プラスチックやアルミなどの素材でコーティングされている紙製の包装材は、リサイクルに向きません。紙、プラスチック、金属を組み合わせた様な多層パッケージでは、素材の分離に課題が生じます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]