モーターの振動モニタリングの市場規模、2026年に29億米ドル到達予測

モーターの振動モニタリングの市場規模は、2021年の20億米ドルからCAGR7.8%で成長し、2026年には29億米ドルに達すると予測されています。モーターモニタリングは様々な分野で導入が進んでおり、堅調な成長を示しています。

COVID-19のモーターモニタリング市場への影響

COVID-19の影響で、2020年前半に各国がロックダウンの実施を余儀なくされたため、モーターモニタリングの成長は鈍化しました。政府や地方自治体から厳しいガイドラインが出され、必要のない業務はすべて停止されました。これにより、エンドユーザー産業の発展に焦点が当てられなくなり、モーターのモニタリングに悪影響を及ぼしました。加えて、第2四半期には生産やサプライチェーンの遅延も発生し、同市場の成長における課題となりました。

牽引要因:予知保全と分析への需要の高まり

予知保全(PdM)は、デジタル化により容易に利用できるアプリケーションの一つとして認識されつつあります。予測保全とは、機器の故障時期を予測し、故障する前に部品を交換する方法です。予知保全によって生産ラインのダウンタイムを防ぐことで、何百万ドルもの生産量の損失を防ぐことができます。まだ初期段階ではありますが、予知保全は、OEMとエンドユーザーの両方に最も新しいデータを提供することで、プロジェクトにとり特に有用であることがわかっています。また、モーターと、モーターコントローラやベアリングなどの構成部品の安全性を確保するために非常に重要であり、使用中のモーターの全負荷時の機能パラメータや、実効温度、湿潤状態などを測定することが出来ます。つまり、予知保全は、産業界にとって、資産の維持管理に費やす時間の短縮、ダウンタイムの減少による生産時間の損失の減少、既存の資産の寿命を最大限に延ばしてスペアパーツのコストを削減するなど、多くのメリットがあります。

抑制要因:監視ソリューションを管理するための技術的なノウハウの限界

予知保全やその他の監視ソリューションの導入が進むにつれ、企業は専門のデータ分析チームを任命しなければならなくなりました。このチームは、モーターの健康状態に関する正しい情報を得るために、特定の機械におけるモーターの動作を熟知している必要があります。これは、企業の間接コストを増加させることになります。さらに、モーターの製造会社はモニタリングソリューションを簡単には提供しません。そのため、モニタリングソリューションを利用するためには、専門知識を持つ他の企業を探す必要があります。モーターモニタリングから得られるデータポイントを監視するためには、様々なスキルセットが必要となり、スタッフのトレーニングやモーターモニタリングの標準手順の設定が必要となります。妥当なコストで熟練した専門家を確保できないことが、市場成長を抑制する主な要因になると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]