産業用バルブの市場規模、2026年に905億米ドル到達予測

産業用バルブの市場規模は、2021年の730億米ドルからCAGR4.4%で成長し、2026年には905億米ドルに達すると予測されています。COVID-19パンデミックによる医療・製薬業界からの需要増、原子力発電所の新設や既存の原子力発電所の改修の必要性の高まり、産業機器の保守・監視のためのネットワーク接続の増加、プロセス産業における自動化技術の採用、スマートシティ開発への注目の高まりなどが、同市場の推進要因となっています。

COVID-19が真空バルブ市場に与える影響

COVID-19パンデミックの影響により、石油価格は大幅に下落しました。2020年に各国政府が課した規制により、石油・ガスの需要が大きく減少したことで、供給と需要の間に大きなギャップが生じました。石油・ガスは、バルブを使用する主要産業の一つです。さらに、上下水処理やエネルギー・電力産業も、パンデミックの影響で需要が減少しています。一方、安全な生活への需要から、衛生への関心が高まることが予想され、上下水道処理業界向けの産業用バルブ市場の成長を牽引すると考えられます。その後、エネルギー・電力部門からの需要の増加は、2021年から2026年にかけて、産業用バルブ市場を牽引していくと思われます。

牽引要因:ヘルスケア・製薬業界からのバルブ需要の増加。

COVID-19パンデミックに伴い、治療に必要なあらゆる医療機器の生産が増加しています。ヘルスケア・製薬業界はこの最前線に立っており、産業用バルブは、さまざまな種類の医療機器の製造に重要な役割を果たしています。

例えば、Emersonのバルブは、圧力解放を管理し、滅菌器や酸素療法装置の部品や材料を清潔に保ち、分析装置やその他の血液学的機器をサポートします。また、Emersonの高圧・高純度バルブは、ポップアップ病院や遠隔地の病院、トリアージセンターに酸素を供給します。Emersonは、分析機器や医療機器用の小型機器レベルのバルブシリーズを製造しており、酸素療法機器のプロバイダーからの需要の高まりを目の当たりにしています。新世代の病院用ベッドには、空気圧で作動する空気ブラダーがあり、患者の快適性を高めるように設計されています。Emersonはこれらの空気ベッド用のバルブを製造しており、病院用ベッドの需要が急増していることから、ベッドのメーカーに広く採用されています。EmersonのASCOシリーズには、医療機器に使われるピンチバルブや、病院用ベッドに使われるASCOソレノイドバルブなど、多様なバルブがあります。

抑制要因:標準化されたポリシーの欠如

バルブメーカーは、地域ごとに異なるバルブに関する認証やポリシーを遵守する必要があります。これは、バルブがエンドユーザー産業に広く適用されているため、製品仕様に多様性をもたらすことに繋がります。しかし、この多様性がバルブ市場の成長を妨げています。業界のプレーヤーは、地域のポリシーに従って同じ製品を修正しなければならないため、バルブメーカーは理想的な設置コストを実現することが難しくなります。この問題を解決するためには、各地域に製造施設を設置するために資源を投入しなければならず、結果として追加の資本投資が必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]