ベーカリー用加工機器の市場規模、2026年に148億米ドル到達予測

ベーカリー用加工機器の市場規模は、2021年の116億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2026年には148億米ドルに達すると予測されています。同市場では、メーカーが常に新しい加工技術を導入して、さまざまな形状やサイズの複雑なベーカリー製品を製造しており、イノベーションの影響を強く受け、加工食品業界や消費者の需要への対応に注力しています。新しい機械の開発や既存の機械の改良は、市場の多くのプレーヤーが採用している主要戦略です。さらに、ベーカリー用加工機器の認知度を高め、その用途を拡大するために、施設の拡張、マーケティングスキーム、情報交換プログラムに注力することが、市場の成長に貢献すると予測されます。COVID-19パンデミックは、安全で健康的かつ栄養価の高い食事の重要性を浮き彫りにしたことから、ベーカリー用加工機器市場にプラスの影響を与えると予測されます。このパンデミックにより、食料安全保障、食品安全、食品の持続可能性に大きな影響が出ています。消費者の食品に対する行動は急激に変化し、安全性や品質に対する嗜好が高まっています。メーカーは市場での製品価値を維持するために、食品の安全性の評価に注力しています。

COVID-19がベーカリー用加工機器市場に与えた影響

パンデミックによる、ベーカリー用加工機器ソリューションのグローバルオペレーションやサプライチェーンへの影響は大きなものではなく、プレーヤーの複数の製造施設は現在も稼働しています。

牽引要因:コンビニエンスフード製品の需要拡大

加工食品市場は、顧客の多忙なライフスタイルに伴う利便性へのニーズによって牽引されています。さらに、国民一人当たりの所得が増加したことにより、すぐに食べられる食品や持ち運びできる食品への需要が高まりました。その結果、ベーカリー製品の需要が増加しています。ベーカリー用加工機器市場の成長見通しは、ベーカリー業界の高い成長率により、今後も良好な状態が続くと予測されます。

消費者にとっても、ベーカリー製品の購入は、使いやすく、消費しやすく、長期保存が可能になるというメリットがあります。中国、インド、ブラジル、中東などの発展途上国における消費者の嗜好は、ここ数十年の間に、伝統的な手作りの朝食や間食から、すぐに食べられる製品へと徐々に移行してきました。これらの食品の調理が便利になることで、パン、ピザ、ケーキ、ペストリー、パイなどの品質を簡単に保つことができます。このような機器の革新は、取り扱いを容易にし、製品の保存期間を延ばし、美的特性と風味を付与し、ベーカリー用加工機器市場の成長に貢献することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]