スマートシティにおけるIoTの市場規模、2026年に3,122億米ドル到達予測

スマートシティにおけるIoTの市場規模は、2021年の1,306億米ドルからCAGR19.0%で成長し、2026年には3,122億米ドルに達すると予測されています。インフラ管理や都市監視のためのIoT技術の導入の増加や、都市人口の急激な増加などの要因が、スマートシティにおけるIoTのソリューションやサービスの導入を促進すると考えられます。

COVID-19がスマートシティにおけるIoT市場に及ぼす影響

COVID-19の発生は、短期間で市場や顧客の行動に影響を与え、経済や社会に実質的な影響を与えています。医療、通信、メディア・エンターテイメント、公共事業、政府機関の各部門は、状況を安定させ、すべての人に必要なサービスを提供するために機能しています。特に通信業界は、COVID-19パンデミックの状況下で、各国のデジタルインフラを支えるために、世界的に重要な役割を果たしています。

富士通のグローバルデジタルトランスフォーメーション調査によると、オフラインの組織はより多くの損害を受けたのに対し、オンラインの組織はオンライン需要の伸びと収益の増加を目の当たりにしました。オンライン組織のビジネスリーダーの69%が、2020年のビジネス収益の増加を目撃したと回答しています。一方、オフライン組織の53%は、収益の減少を目撃しました。

革新的なIoTベースのスマートシティソリューションは、ビッグデータ、アナリティクス、クラウド、セキュリティ、ネットワーク接続と効果的に結合することができ、様々な分野から大規模な需要が見られます。各国の規制当局が市民の健康、安全、生活水準の監視に主眼を置いていることから、スマートユーティリティーやスマート市民サービスなどのスマートシティアプリケーションにIoT技術を採用することで、パンデミック時にスマートシティの採用率が高まると予想されています。都市のIoTデバイスを管理するニーズに応えるために、IoTソリューションベンダーは自社プラットフォームの管理機能を強化する必要があります。

牽引要因:スマートシティにおけるコネクテッドテクノロジーとスマートテクノロジーの導入拡大

スマートシティ環境は、IoT、クラウド、モビリティ、データ通信、AIなどの複数の技術で構成され、都市のインフラを増強します。近年、これらの技術の採用が増強されたことで、接続性の向上が可能になり、その結果、スマートシティのエコシステムが全面的に改造されることになりました。技術面では、さまざまな新興技術に関心が集まっており、機械学習/データ分析、IoT、サイバーセキュリティは、今後5年間のスマートシティプロジェクトに最も大きな影響を与えると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]