産業用センサーの市場規模、2026年に319億米ドル到達予測

産業用センサーの市場規模は、2021年の206億米ドルからCAGR9.1%で成長し、2026年には319億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促す主な要因としては、製造業におけるIndustrial 4.0やIIoTの導入の増加、スマートセンサー対応のウェアラブルデバイスの需要急増、産業用センサーの技術的進歩などが挙げられます。予測型メンテナンスは市場参加者に有利な機会を提供します。また、自動車メーカーからは、安全性と快適性の向上を実現するスマートセンサーへの需要が高まっており、COVID-19状況下における、効率的な産業運営のための産業用センサーの需要が高まっています。

COVID-19が産業用センサー市場に与える影響

COVID-19パンデミックの発生は、製造業、石油・ガスなどを含む産業の成長に悪影響を及ぼしています。石油・ガスは、産業用センサー市場の主要な最終用途産業です。COVID-19の影響で、石油・ガスのバリューチェーンで進行中のプロジェクトが、課題に直面する可能性があります。LNG、石油化学、石油貯蔵・精製など、さまざまな分野の石油・ガスEPCプロジェクトのうち、2000件以上がパンデミックの影響で停止または遅延しています。エネルギー調査会社のRystad Energy社は、原油価格が25%下落した場合、世界全体で300億米ドルの石油・ガス投資が削減されると予測しています。石油・ガスや自動車以外にも、発電所や鉱山など、多くの産業がパンデミックの影響で生産活動を停止しています。これにより、産業用センサーの需要が低下し、市場成長に大きな影響を与えると予想されます。

牽引要因:インダストリアル4.0とIIoTの人気の高まり

インダストリアル4.0革命はすでに始まっており、新しい技術を使用することのメリットは、産業界において、一層明らかになってきています。AT&TやGoogleなどの技術大手も、インダストリー4.0ソリューションに進出しています。IoTのサブセグメントである産業用モノのインターネット(IIoT)は、製造やサプライチェーンの監視・管理など、産業目的で使用されます。IIoTの利用が拡大することで、自動車やヘルスケアなど、ほとんどの産業でセンサーの需要が高まると予想されます。センサー技術は、コンピューティングパワーと組み合わせることで、より高い生産性を持つソリューションを顧客に提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]