食肉用結着剤および代替肉用材料の市場規模、2026年には42億米ドル到達予測

食肉用結着剤(ミートバインダー)の市場規模は、2021年の37億米ドルからCAGR2.6%で成長し、2026年には42億米ドルに達すると予測されています。牛肉、豚肉、鶏肉などの食肉製品の需要が増加していることが、食肉用結着剤市場の主要な牽引要因となっています。

培養肉の世界市場は、2025年には2億1,400万米ドルに達すると推定されています。2021年~2026年の間のCAGRは15.7%を記録し、2032年には5億9,300万米ドルに到るとも予測されています。肉の代替品や環境に優しい食物への需要の高まりが、培養肉市場の主要な牽引要因となっています。この培養肉の需要増加は、土台となる材料の市場成長を牽引すると予想されます。

牽引要因:代替タンパク質に対する需要の高まり

食糧農業機関(FAO)が発表したデータによると、世界の食肉生産量は、2025年までに基準期間である2013年から2015年の間に比べて16%増加すると予測されています。肉の消費量が増加し、栄養価の高い肉の需要が高まっていることが、培養肉の市場成長を支えていると考えられます。発展途上国における世界人口の増加と食肉消費量の増加が、培養肉市場の成長を牽引すると予測されます。発展途上国では急速な都市化が進んでおり、動物性タンパク質の消費が活発化しています。農村部に比べて都市部では、肉、牛肉、鶏肉の消費量が多くなっています。家禽類は、培養肉市場の主要カテゴリーの一つであり、赤身の肉よりも手頃な動物性タンパク質の需要が増加していることから成長が見込まれています。アジア太平洋地域やアフリカなどの発展途上地域では、穀物中心の食生活からタンパク質中心の食生活への移行が進んでおり、今後10年間で大きな成長が見込まれています。このようなタンパク質消費の増加傾向は、食肉加工業者や食品会社にとって、培養肉などの代替食肉タンパク質に投資する機会をもたします。近年の食品技術の進歩により、植物性タンパク質、培養肉、食用昆虫などの新しい代替タンパク質製品の開発が進んでおり、肉や魚などの一般的なタンパク源と比較して、多量のタンパク質を提供しつつ、天然資源の使用量は少なくて済むことから、高い成長の可能性を秘めています。動物性タンパク質の分野では、数多くのプレーヤーが登場しており、昆虫タンパク質では、2015年に設立されたnextProtein社(フランス)が、Protixというブランドで、ペットフード用途に昆虫由来の飼料用タンパク質を提供しています。培養肉では、一握りのスタートアップ企業が研究開発段階にあり、2021年までに製品を商業化しようとしています。Impossible Food社(米国)の肉なしハンバーガーやNew Wave Foods社(米国)のエンドウ豆ベースのエビなど食品は、すでに市場における競争力を獲得しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]