熱交換器の市場規模、2026年に199億米ドル到達予測

熱交換器の市場規模は、2021年から2026年にかけて5.0%のCAGRで推移し、2026年には199億米ドルに達すると予測されています。2020年は、欧州が30.5%の最大シェアで世界市場を占有しました。北米は、大規模な化学、石油化学、石油・ガス産業が存在することから、24.9%で第2位のシェアを占めています。熱交換器市場の成長は、各地域における特定のエンドユース産業の存在と成長に依存しています。 シェル&チューブやプレート&フレームなど、さまざまなタイプの熱交換器が市場に出回っており、化学、石油化学、石油・ガス、食品・飲料、HVACR、発電、紙・パルプなど、多くの産業で使用されています。

熱交換器市場の成長を促す主な要因としては、HVACRの導入やその他の産業活動の大幅な増加、エネルギー価格の高騰、APAC(アジア太平洋)の発展途上市場における急速な産業の拡大などが挙げられます。しかし、建物のエネルギー効率に対する意識の低さや、欧州や北米の需要が伸び悩んでいることが、熱交換器の需要を妨げる主な要因となっています。

COVID-19が熱交換器市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、多くの国では厳しいロックダウンが行われ、いくつかのセクターが操業停止に追い込まれ、インフラ活動が停止しました。また、2020年の熱交換器市場にも、同様に影響が及びました。熱交換器メーカーは、監禁規制による製造の停止、労働力の供給制限、サプライチェーンの混乱、国全体での監禁、原材料の価格変動などにより、急激な課題に直面しています。

牽引要因:発展途上国における工業化の進展

中国やインドなどのアジア太平洋地域の発展途上国では、投資の増加、原材料価格の上昇、低コストの労働力などにより、急速な工業化が進んでおり、熱交換器の需要を押し上げると予想されます。化学、HVACR、石油化学、石油・ガス産業からの需要の増加や、日本やインドなどの国における熱エネルギーや太陽エネルギーの開発に対する政府の取り組みにより、熱交換器の需要が増加しています。さらに、石油化学製品の需要増加は、同市場にプラスの影響を与えると予想されます。

抑制要因:原材料価格の変動による影響

熱交換器メーカーは、銅、アルミニウム、鉄などの原材料価格の変動にさらされています。原材料価格の変動は、経済状況、為替レート、供給状況など様々な要因に左右され、メーカーに悪影響を及ぼします。価格の変動は、大規模な資本プロジェクトの遅延や中止につながり、熱交換器市場の成長を妨げる要因となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]