マイクロ波デバイスの市場規模、2027年に90億米ドル到達予測

マイクロ波デバイスの市場規模は、2021年の67億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2027年には90億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促進する主な要因は、軍事・防衛費の増加、安全で高速な通信へのニーズの高まり、患者モニタリングにおけるマイクロ波デバイスの需要の高まりが要因となっています。また、5GやIoTインフラの普及率の上昇は、同市場に有利な機会を呼び込むと予想されます。

COVID-19によるマイクロ波デバイス市場への影響

マイクロ波デバイス市場は、その創設以来、様々な周波数の利用が可能なことから、エンドユーザーによるアプリケーション領域の拡大に伴い、かつてない成長を遂げてきました。COVID-19パンデミックにより、市場のサプライチェーンが混乱し、その結果、これらのデバイスの需要が減少しました。しかし、COVID-19が第1波、第2波として世界的に発生しても、マイクロ波デバイス市場自体に大きな混乱は生じませんでした。これは、世界人口が遠隔地で仕事をするようになったため、エンドユーザーが最先端のソリューションを活用して、広帯域への膨大な需要に対応し続けたためです。

マイクロ波デバイス市場の成長は、軍事・防衛費の増加、安全で高速な通信へのニーズの高まり、患者モニタリングにおけるマイクロ波デバイスの需要の高まりなどが要因となっています。また、5GやIoTインフラの普及、機器の小型化、放射性物質を使用しない効果的な治療法へのニーズの高まり、マイクロ波機器の使用材料に関する技術革新などが、市場に有利な機会をもたらすと予想されます。現在の市場のもう一つの大きな原動力は、有害なコロナウイルスの早期発見を促進するために、世界中の政府がこの技術を採用していることです。例えば、米国政府は、コロナウイルス感染後の肺の合併症を早期に診断するために、パッシブマイクロ波放射計(MWR)システムを導入し、2020年7月から臨床試験を開始しました。

市場の主な抑制要因は、重要な機器に組み込まれるマイクロ波デバイスのコストが高いことです。また、同市場における重要な課題として、電磁波の干渉や、固体、霧、雪などを通過できないことが挙げられます。そして、現段階の最大の障害は、半導体不足によるエンドユーザーへのマイクロ波デバイスの流通への影響です。これは、生産拠点の閉鎖や物流・輸送部門の制限などに起因しています。これに対し、エンドユーザーとサプライヤーは積極的に協力して、倉庫の余剰在庫を管理することで対応を進めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]