DDoS攻撃からの保護・緩和セキュリティの市場規模、2026年に67億米ドル到達予測

DDoS攻撃からの保護・緩和セキュリティの市場規模は、2021年の33億米ドルからCAGR15.1%で成長し、2026年には67億米ドルに達すると予測されています。DDoS保護・緩和セキュリティ市場を活性化させている主な要因は、マルチベクトルDDoS攻撃の増加です。さらに、DDoS-for-hireサービスが容易に利用できるようになったことで、DDoS保護・緩和セキュリティのベンダーに有利な機会がもたらされます。

COVID 19の影響

COVID-19による急速なデジタルトランスフォーメーション戦略の採用により、セキュリティの必要性が一気に高まり、パフォーマンス、可用性、セキュリティ、ITコストの増加などの問題が発生し、DDoS保護・緩和セキュリティのソリューションやサービスが必要となっています。

COVID-19状況下では、その対策の運用にインターネットを使用しているため、安全なネットワーク接続が重視されており、DDoS対策の重要性が増しています。また、相互接続性や管理の容易さからも、同ソリューションやサービスの需要が高まっています。さらに、多くの企業がWHOやハイブリッドワークモデルを採用していることから、効果的なSIEMや脅威インテリジェンスを実現するセキュリティ評価のため、DDoS攻撃からの保護・緩和セキュリティの需要が増加すると予想されます。

推進要因:マルチベクトル型DDoS攻撃の増加

大規模なDDoS攻撃の事例は、世界中で増加しており、攻撃者は高度なツールを使用して誘導しているため、初期段階では検知されないこともあります。大規模なDDoS攻撃には、DNS(Domain Name System)増幅攻撃、NTP攻撃、Chargen-focused攻撃などがあり、ハクティビスト集団が使用する複数の攻撃手法は、個人、企業、政府にとって大きな経済的損失につながっています。このようなマルチベクトルDDoS攻撃を行う主な目的は、金銭的な利益、政治的な対立、国際的な対立、過激な宗教団体の利益、サイバーテロなどです。マルチベクトルDDoS攻撃は、通常、ITセキュリティ対応チームの注意をそらすために、攻撃ごとに異なる攻撃ベクターを使用し、数分間続いた後、停止します。攻撃を受けたIT対応チームは、すぐにサーバーを再起動するなどの対応をとりますが、これは深刻なダウンタイムの原因となります。一方で、攻撃者はさまざまな攻撃ベクターを使って防御システムを通過し、ウェブサーバーを攻撃して、正当なユーザーへのサービスを阻害します。攻撃ベクトルには、ボリューム型DDoS攻撃、プロトコル攻撃、アプリケーション層攻撃などがあり、サイバー犯罪者は、これらの攻撃ベクトルを組み合わせて、容積型攻撃に比べてより大きな影響を与えるマルチベクトルDDoS攻撃を仕掛けます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]